こどもからお父さんへ感謝の気持ちを伝える日が父の日ですが、こどもが小さい場合は自分で準備することは難しいことです。かといって周りの大人が代わりに準備してあげるのも少し変ですよね。

そういうときは、大人がほんの少し手伝ってあげるだけで作れるような手作りのプレゼントが最適です。こどもと一緒、お父さんに対する気持ちを話し合いながら作ると、より一層気持ちのこもった作品になるのではないでしょうか。小さなお子さんでも簡単に作れる父の日プレゼントの作り方をご紹介します。

Sponsored Links

紙コップで作る写真・カード立て

紙コップ1つで作れる写真・カード立ての作り方をご紹介しましょう。

「カップでつくるカード立て 母の日・父の日プレゼント」

 [準備物]  紙コップ カッター 錐(きり・穴を開ける道具) 

 

  1. 可愛い絵柄の紙コップを用意しましょう。飲み物を入れるような紙コップより背の低いものを選びます。高さがあるとバランスがとりにくくなってしまうためです。
  2. カップを裏返し、カップの縁の固い部分にカッターで切り込みを入れます。カップの直径の部分ですね。
  3. そこへ手作りのカードや写真などを差し込むようにします。
  4. それだけだと寂しいので、ちょっとした飾りをさせるように錐で穴をあけます。位置はカードの手前の端が良いでしょう
  5. 穴には折り紙で作ったお花などを作って飾ります。切込みを入れた部分にカードまたは写真を差し込めば完成です。

Sponsored Links

プレゼントを楽しく作るコツ

カップの側面にメッセージなどを書くと、より温かみのあるプレゼントになりますね。家族で撮った写真などを印刷し、メッセージとともにラミネートすれば、いつまでも色あせることなく写真を楽しむことができます。

カードをプレゼントする場合は、カードにお父さんの似顔絵などを書くと喜ばれそう。似顔絵を描くときは、「お父さんのお顔ってどんな顔だったかな?」とこどもに問いかけるようにすると、こどもも絵が描きやすいようです。

 

注意点としては、カッターや錐を使うときは必ず大人が行う、または付き添うようにすること。少し大きなこどもでしたら、こういう機会にカッターなどの使い方を勉強するのもいいですね。

上手に作るポイントとしては、紙コップのバランスをいかにとるかということ。あまり高いコップを使っても、あまり大きなカードを差しても倒れやすくなってしまいます。コップとカードのバランスを上手くとるようにしましょう。

お菓子も作りたい方はこの記事も参考にしてみてくださいね。

Sponsored Links