七夕飾り、折り紙で折って作ってみよう!!

tnbt002 (1)

みなさん、幼稚園の時に七夕飾りを折り紙で作ったことってありますよね。

そのころは、先生に言われるままに折っていませんでしたか?

今回は七夕飾りを折り紙で折って作ってみましょう。

折り方、作り方に加えて、七夕飾りにはどんな種類があるのかお話しましょう

 

七夕飾りにはこんな意味がある

七夕飾りには、

おりひめ、ひこぼし、ちょうちん、紙衣、

短冊、投網、くずかご、吹き流し、

巾着、千羽鶴などがあります。

また、かいかざり、いちまいぼし、ちょうちんなどもありますね。

初めて聞くかざりもありますでしょうか?

ねがい事を書く短冊にも、5色の色があり、

この5色は中国の陰陽五行説に基づいた赤・青・黄・白・黒で構成されています。

中国の陰陽五行説については、こちらを参考してみてください。

 

飾りにもそれぞれ意味があります。いくつかご紹介しましょう。

 

紙衣

女の子が裁縫や手芸が上達するように願った飾りです。

棚機女が神様に捧げた着物というところから、七夕の笹の一番上に飾るそうです。

 

投網

魚を捕る網の事で豊漁や豊作を願った飾りです。

 

吹き流し

織姫の糸を表していて、長寿を願う飾りです。

織姫の様に機織が上達するようにと言う願いの飾りという説もあります。

 

巾着

巾着は昔はお金を入れていたお財布になります。

紐でしっかりと結んで、節約と貯蓄の精神を養う意味と商売繁盛を願う飾りです。

 

折鶴

家の年長者の年の数の鶴を折り飾ることで、家族の長寿を願う飾りです。

 

短冊

短冊に願い事などの字を書く事で、学問や書道の上達を願った飾り。

中国の五行説からでは、赤、青、黄、白、黒ですが、最高貴である紫を入れ黒はなくなりました。

七夕飾り 折り紙での折り方は?

 

いざ、折り紙で七夕飾りを作ろうと思っても、

折り紙での折り方忘れてしまっていませんか?

ほとんどの方が、鶴ならなんとか折れそうと考えますよね。

そんな皆さんに、七夕飾りを動画でご紹介しましょう。

 

Sponsored Links

七夕と言えば、おりひめとひこぼし

1年にこの七夕の日にしか会う事の出来ない

おりひめとひこぼし、二人の幸せを願いながら折ってみるのも楽しいですね。

詳しい折り方はこちらをご覧ください。

簡単折り紙★ 織姫と彦星の折り方 ★七夕飾り|Origami Tanabat

 

 

天の川

おりひめとひこぼしの再開にかかせない天の川!

詳しい折り方はこちらをご覧ください。

折り紙 あみかざり 天の川 折り方 作り方 七夕飾り

 

七夕から外せないお星さま

七夕から星は外せませんね。

平面の星ではなく、立体感のある星の作り方をご紹介していきましょう。

詳しい折り方はこちらをご覧ください。

七夕・クリスマスに。「星のこんぺいとう」折り紙”Star like candy” origami

 

 

まとめ

七夕というと、おりひめとひこぼしが1年にこの七夕の日にだけ、

天の川を渡って再開できる日、

今の便利な世の中で、逢いたいときには会える時代とは違って

逢いたい気持ちを1年間も心の中で育んで、再開が出来る日。

とても、ロマンチックですね。

おりひめとひこぼしの事を思いながら、

七夕飾りを作ってみるのもきっと楽しいとと思います。

今年は、是非七夕飾りに挑戦してみてください。

Sponsored Links