映画館から出た時や、

パチンコ屋さんから出たとき、

新幹線の中、などで

「あれ・・これって耳鳴り?」

なんて感じたことはありませんか?

 

殆どの人が、音や程度は様々でも耳鳴りを感じた事あります。

この耳鳴り、いったい何が原因で起こるのでしょうか?

 

また、耳鳴りがもたらす病気についてお話しましょう。

 

耳鳴りどうして起こるの?(耳鳴りのメカニズムは?)

 

皆さんは、耳から音を聞いたり、

目で物を見て、その信号が脳へ伝わります。

 

しかし、風邪を引いたり、中耳炎などになどで、

耳の状態が悪くなると、正常な音の情報が耳送られなくなってしまいます。

 

それに対し、脳は信号が届かないことに対して、

ストレス感じ始め、ストレス解消に勝手に

耳が自分で音を作り始めてしまうのです。

 

この、耳が作り出す音こそが耳鳴りとも考えられています。

わかりにくいですよね。

 

具体的にいきましょう。

例えば、ラジオを思い浮かべてみてください。

ラジオの電波を拾うにはアンテナを伸ばしますよね。

 

このアンテナが折れてしまうと、

ラジオからはザーっという雑音しか聞こえません。

 

アンテナが壊れた事により、

本体が音を拾えず自ら音を作りだしてしまうのです。

 

耳鳴りが起こる原因は?

 

「身体的原因」と「心理的原因」とがあります。

 

「身体的原因」

耳の病気や、脳、脳神経、内科的な病気の原因で発症する場合を言います。

皆さんがよくかかりやすい病気としては、

中耳炎、外耳炎、内耳炎、鼓膜炎、

全てで耳鳴りを発症する可能性があります。

 

また、風邪からくる耳管狭窄症などもありますね。

 

原因不明な、耳鳴りとしては、

突発性難聴、メニエール病なども、耳鳴りを発症する病気の一つです。

 

肩こりなどの、骨格が緊張しているときにも耳鳴りが起こることがあります。

そして、加齢に伴う耳鳴りも非常に多いです。

 

心理的原因

聞きたくない、考えたくない、関わりたくないなどの、

心理的ストレスからも耳鳴りを発症することがあります。

 

耳は、私たちの意思に焦点を合わせ、

欲しい情報だけを聞き取る能力をもっています。

 

しかし、仕事や生活での会話に対して、

日々ストレスを感じていると、ストレスを回避する為に、

聞き取ることを拒否し「自己防衛」に入ります。

 

突然の、ジェット機が飛んだ後のような

「キーン」という耳鳴りは、そういう状況の時に現れます。

 

現代のストレス社会の中で、

殆ど方が耳鳴りと隣合わせで生活をしているようなものですね。

 

耳鳴りを伴う病気も沢山ある

201508027_03

http://www.miyake-naika.or.jp/03_katei/img/otona_miminari/4.jpg

耳鳴りを伴う病気も多く、以下にあげる病気は耳鳴りやめまいを伴います。

・メニエール病
・突発性難聴
・老人性難聴
・自律神経失調症
・耳硬化症、中耳炎、鼓膜炎(中耳の病気)、内耳炎、外耳炎

・聴神経腫瘍、聴神経炎(聴神経の病気)
・脳の外傷、脳腫瘍、脳出血、脳幹梗塞(脳の病気)

以上にあげた病気では、耳鳴りと共にめまいを伴う場合もありますね。

 

耳鳴りの症状ってどんな症状?

 

耳鳴りにも色々な症状があります。

ジェット機が遠くから来て、真横を通り過ぎていくような、

「キ~~~~~ン」という耳鳴りから、

心臓の鼓動に合わせて「サクサク」というものや、

耳の聞こえが悪くなり、「ボワ~~~~ン」という耳鳴り、

かなり個人差があるのも事実です。

 

耳鳴りが起きたら・・・・

耳鳴りが起きた時には、耳鼻科の受診をおすすめします。

耳鼻科では、耳の聞こえの検査などを行い、

おおよその原因を調べてくれます。

 

ただし、耳鳴りがひどい時は、めまいも併発しますので、

まずは、安静にして身体を休めましょう。

 

心も体も休めて、少し落ち着いた頃に、病院の受診をしましょう。

耳鳴りは、脳からのメッセージでもあります。

 

リラックスして、安静が一番の特効薬と考えます。

 

Lv.Ⅰ 突発性難聴、耳鳴りを何とかしたい

 

霊感と耳鳴り!!

霊感が強い人は、

霊が通った時に耳鳴りを感じるという説もあるようですが、

心も身体も疲れている状態で耳鳴りが起こるので、

神経が過敏になっているためではないでしょうか?

 

まとめ

 

耳鳴りについて、少しお話をさせていただきましたが、

いかがでしたか?

 

耳鳴りの経験がない方は、

突然耳鳴りがするととても気になりますね。

 

耳鳴りがした時には、病気などの原因を考えると共に、

今の自分の状況を考えてみてもいいですよ。

仕事が忙しすぎないか、

対人関係は上手くいっているかなど、

又、あまり気にし過ぎても、それがストレスとなってしまいます。

 

耳鳴りが来たら、「来たな・・」と軽く思い、

過ぎ去るのを待つのも一つですね。

 

Sponsored Links