昔から存在する趣味の定番として切手収集というものがあります。切手収集には特別な知識や技術は不要です。 自分が好きなものを集めてニンマリしましょう。ではさっそく、切手収集の楽しさや方法について説明することにします。

切手収集の歴史や魅力

切手収集の歴史は、イギリスで世界最初の切手が発行された1840年にさかのぼります。当時の収集家は主に女性で、彼女らは自宅の色々な場所に切手を貼って鑑賞しました。

現在では男女ともに、アートとして楽しんだり、 テーマを決めて風景だけが描かれているものを集めたりして様々な方法で切手収集を楽しんでいます。また、かわいいデザインのものも増えてきており、それらのものは特に女性に人気があります。

Sponsored Links

収集切手の種類

切手は、大きく分けると普通切手特殊切手の二つになります。普通切手の中にはエラー切手と呼ばれるものがあり、 エラー切手は希少価値があるものとしてマニアの間で高額で取引されることがあります。

特殊切手の中でメジャーなものは記念切手です。記念切手は、その名の通りイベントや偉人の生誕記念に発行されるもので、 発行枚数によってはこれも価値があるとされることがあります。しかし、自分にとって好みのデザインのものを集めるという楽しみ方をしている人も数多くいます。自分に合った切手収集を楽しみましょう。

切手コレクション

   

切手の集め方

まずは、保管するためのアルバムとピンセットを用意しましょう。 アルバムに入れておくと紛失することも少なくなりますし、 切手を汚さずに鑑賞することができます。 切手用アルバムは1000円程度から買えます。 色々なデザインのものがありますので、自分好みのアルバムを探すことも楽しみの一つです。

そして、ピンセットを使うことで手垢を付けてしまったり、 指の水分で切手の糊を溶かしてしまったりすることがなくなります。

切手は、郵便局やコンビニエンスストアで買うことができますし、通信販売も行っています。 数に限りがあることがあるので、欲しい切手は予約をしておくことをお勧めします。 予約して手に入れるまでのワクワク感も楽しみの一つです。

Sponsored Links

切手のキレイなはがし方
&史上最高額のプレミアム切手

切手には糊が付いているので、裏側が張り付いてしまうこともあります。その時は貼り付いた状態のまま冷蔵庫に入れることがお勧めです。冷蔵庫の中は温度が低く乾燥していますので、 糊の湿気が飛んで剥がしやすくなります。

希少価値がある切手として有名なものには、 1856年発行に発行されたイギリス領ギアナの1セント・マゼンタというものがあります。この切手は、カタログで値段が付けられないほど価値があるものとされています。

2014年6月17日に行われたオークションでは、 なななんと、日本円に換算して約9億670万円で落札されました。 また、切手は金券ショップで売ることもできます。 価値のある切手であればオークションで高値がつくこともありますので、 切手収集という趣味は使ったお金が無駄になりにくい趣味だとも言えますね。

Sponsored Links