夏の終わりから秋にかけて、発生する台風 みなさんの中での台風と言うと、 「びゅうびゅうとすごい風が吹き、たくさんの雨をふらせて、通り過ぎていく」、イメージではありませんか? テレビの、天気予報でも日本地図の上に、 ぐるぐるとうずを巻いた白い雲が映っていますよね。

  • 台風って何
  • いつ発生するの
  • どんな風に発生するの?
  • どこから来るの?

などの疑問は沢山ありますよね。 みなさんの、そんな疑問について、お話していきましょう。

台風とは?

みなさんが、「台風」と呼んでいるものは、 熱帯低気圧(ねっていていきあつ)とよばれています。 少し、風が強く、強い雨がふるだけだと、「台風」とは言いません。

台風と呼ばれる、熱帯低気圧(ねったいていきあつ)が生まれるのは、 赤道(地球儀の真ん中に引かれている赤い線)の近くの 「熱帯」の海で発生する低気圧(ていきあつ)の事をいいます。

 

台風の元になる雲の周りにどんどん熱い空気が集まってきて、 うずを巻き始めます。 うずが大きくなればなるほど、風が強くなって、台風になります。 うずまきの中心に穴が開いているように見えるのが、 「台風の目」と呼ばれるものです。

台風と呼ぶには、風の強さも関係しています。 台風の、中心付近の最大風速が、17m/秒(風力8)以上になったら台風と言われますね。

Sponsored Links

台風っていつごろ発生するの?

 日本に台風が、近づく時期としては、 8月~9月の間というイメージですね。 しかし、台風は地球上では、1年中発生しているんですよ。

空には、見えない大きな空気のながれがあります。 この流れに、ある一定の風が吹いています。 台風はその風に乗ってやってきます。

しかし、この風は季節によって、吹く方向をかえるため、 6月~10月頃に日本向かって風がふきます。 そのために、6月~9月の間には、大小様々な台風が通過、上陸します。 過去の統計から見ると、8月に一番多く発生しています。

  taifuu2

台風の発生メカニズムって何?

最初にもお話したように、台風は熱帯低気圧(ねったいていきあつ)が 最大瞬間風速17m/秒(風速8)になった時点で台風と呼ばれます。

赤道付近の、海水温度が26℃以上になり、 海面の水蒸気が上昇して、上昇気流に伴って低気圧が発生します。 これが、台風のもとになる、熱帯低気圧です。

ここでは、まだ台風ではありません。

台風は、この熱帯低気圧が大きくなり、 地球の自転によっておこる「コリオリの力」が加わって、 台風のうずまきに成長していきます。 このうずまきに、吹き込む風によって、 回転しながら、台風へとなっていきます。   

反時計回りに回っている円板の上にボールを乗せると、ボールは進行方向とは逆の右向きに曲がります。このように、ボールを横向きに曲げる力を「コリオリの力」と言います。

Sponsored Links

過去の大きな台風

毎年、大小様々な台風がやってきますね。 近年、台風の進路予測なども発達して、台風に対しての備えも万全になりつつあります。

しかし、昭和の時代、今ほど進路予測も難しく、いくつかの大きな台風が上陸して、 とても大きな被害をもたしました。 そんな、昭和の時代に上陸した台風で、大きかった台風を紹介しましょう。

室戸台風

1934年9月21日に、高知県室戸岬付近に上陸した台風です。 室戸岬から関西を縦断して、北陸地方へと進み、大きな被害を残した台風です。 大阪府では、強風と大雨、高潮による浸水被害も発生し、学校の校舎なども倒壊し、 先生や生徒たちが被害にあいました。

枕崎台風

1945年9月17日に、鹿児島県枕崎付近に上陸した台風です。 当時の観測記録によると、宮崎県細島で最大瞬間 風速75.5m/秒を記録し、 雨の多さよりも風の強さが目立った台風です。 しかし、第二次世界大戦からの、終戦後1ヵ月での来襲で、原爆被害直後の広島県の 被害は最大のものとなりました。

伊勢湾台風

1959年9月26日に、和歌山県潮岬付近に上陸した台風です。 勢力が、衰えることなく本州を直撃し、伊勢湾では、台風の中心気圧の低さによって、 海面が吸い上げられ、そこへさらに海水が強風で吹き寄せられる方向に、 伊勢湾が開いていて、記録的な高さの高潮が発生しました。 この高潮の、大規模な浸水によって、3000人以上の死者が発生する大惨事となった台風です。

まとめ

いかかでしたか?大自然が作り出す『台風』について少しご理解いただけたでしょうか?こうして記事を読んでいる間にも、世界のどこかで台風が発生してるかもしれませんね。

時として、甚大な被害にもなる台風ですので、台風が頻繁に起こる季節や地域では天気予報に注意して下さい。

Sponsored Links