小さな赤ちゃんのあやしたり寝かしたりするのに、抱っこほど赤ちゃんが喜ぶものはありません。時間さえ許すならばずっと抱いていたい、というのが母親の感情ですが、状況はそれを許してくれません。

赤ちゃんのお世話をしながら家事に仕事に他の家族のお世話にと、ついつい体に無理をさせてしまいます。そうしているうちに「うっ!」と腰に痛みを感じるようになるのです。

 

多くのお母さんがきっと同じ経験をしているはずです。 腰痛は、引きずってしまうとその後も治りにくくなり、一生持病として付き合っていかなければならなくなります。

腰に負担をかけない、あなたの体に優しい抱っこのためのヒントをまとめました。

抱っこで腰痛・・・重症はヘルニアにも

なぜ抱っこで腰痛を引き起こすのでしょうか。それは、出産時産婦の骨盤は赤ちゃんの頭が通れるぐらいにまで横に開きます。その後、産褥期に徐々に戻っていくのですが、産褥運動をしっかりやらなかったり体に無理をさせることによって戻りが悪くなります。

その上5キロから10キロほどある赤ちゃんを抱くんですから、当然体は悲鳴をあげるはずです。

重症の場合は椎間板ヘルニアと診断されることもあります。椎間板ヘルニアとは、背骨の骨と骨の間にあるクッション材である椎間板が飛び出し神経を圧迫することによって痛みや下肢のしびれなどを引き起こす症状です。「抱っこ程度で」と思わず、正しい抱っこであなたの体をもう少しいたわってあげましょう。

Sponsored Links

腰に優しい抱っこのヒント

①体に負担の少ない抱っこ紐を選ぼう

体に負担の少ない抱っこ紐は、赤ちゃんとお母さんの密着度が高く、腰骨の上の位置にベルトがあるものです。

赤ちゃんのお尻の位置が低いと、重心が低くなり、お母さんの体への負担も増えます。赤ちゃんのお尻がお母さんの腰より高い位置にくるようにしましょう。

②抱っこをしたときの姿勢が大切

抱っこをすると前に倒れないようについつい背中を反らしてしまいます。それが余計に腰への負担を増加させています。赤ちゃんを抱きながら壁に背中をべったりとつけてみてください。そのときの姿勢が正しい姿勢です。

正しい姿勢をキープするためには腹筋や背筋など、体の内側の筋肉(インナーマッスル)が働かなければいけません。普段から体の芯の部分の筋肉を意識して過ごしましょう。

117816

③ひざと足首はクッション

私たちは体重を足首とひざで受け止め、そこで重力を分散させています。足首とひざが柔軟であればあるほど力を逃がしやすくなります。

普段から屈伸運動などのストレッチをするなどして、足首とひざはしっかりメンテナンスしておきましょう。

④腰回しの運動が効く!

腰に痛みを感じたら、左右前後のゆがみを正して骨盤を正しい位置に直すようにしましょう。そのための運動としておすすめするのは腰をグルグル回す運動です。

自分の回しやすい方向からゆっくり10回回します。そのあと反対周りで10回。締めに両方を5回ずつ回して終わり。これだけの運動で腰はかなりリラックスされているはずです。空いた時間に是非どうぞ。

Sponsored Links

みんなに抱っこしてもらえば一石二鳥

お母さんが1人で赤ちゃんのお世話をするのは本当に大変。1人で頑張らないで、たくさんに人に抱っこしてもらいましょう。

パートナーである夫や両親、近所の方、ご友人などなど。「子は鎹(かすがい)」とはよく言ったもので、赤ちゃんが大人同士のコミュニケーションを潤滑にしてくれます。

 

それによってこどもを囲む大人たちのコミュニティーもどんどん広がっていきます。そしてこどもはたくさんの人に愛されているということを肌で感じでいきます。まさに一石二鳥ですね。

Sponsored Links