春のレジャーといえばお花見やピクニックなど里山へ出かけることが多いですよね。でも海も忘れちゃいけません。春の海といえば、そうです、潮干狩り!

こどもの頃は何度か行った記憶があるけど、大人になってからは一度も行ったことがないというあなた! 今年の春は是非潮干狩りへ行きましょう。潮干狩り、一度行くと本当にクセになります

あさりをザクザク獲れる楽しみに、それを持ち帰って食べる楽しみ。こどもだけでなく大人も無心になって探してしまいますよ。 首都圏から一番近い潮干狩りスポット、木更津の海をご紹介します。

潮干狩りいつ行くのがベスト?

木更津の海での潮干狩りは3月下旬から8月まで行われています。 その中でも一番潮干狩りに適した時期は4月下旬から5月上旬までの間。

ちょうどゴールデンウィークの頃ですね。 その頃は気温もだいぶ暖かくなり、屋外のレジャーをするにはピッタリの季節。 海風に当たっても凍えることはありませんし、暑すぎて貝が弱ってしまうという心配もしなくてすみます。

そして春は潮の干満の差が大きい影響で、干潟が広く表れますし、干潮時間が丁度昼ごろ表れるため、海の状態も潮干狩りするにはベストな状態なんです。

Sponsored Links

木更津の潮干狩り場

千葉県木更津市では6つの海岸で潮干狩りをすることができます。

  • 牛込海岸(牛込漁業協同組合)  
  • 金田海岸(金田漁業共同組合)  
  • 久津間海岸(久津間漁業共同組合)  
  • 江川海岸(江川漁業共同組合)
  • 木更津海岸(木更津漁業共同組合)

潮干狩りの開始日や潮見表、料金など詳しいことは各漁業組合ホームページをご覧ください。

潮干狩りシーズン到来! 千葉・木更津市

木更津の潮干狩り場へ行くには?

潮干狩りは道具や着替えなども必要になるため、マイカーで行かれることをおすすめします。 車で行く場合、アクアラインで来られるときは木更津金田ICで、館山自動車道で来られるときは木更津南ICで降りるとどの海岸にも比較的すぐ行くことができます。

バスや電車をご利用の場合はJR木更津駅の西口に下ります。一番近いところは徒歩で行くこともできます。送迎バスを出している海岸もありますので、そちらもホームページをチェックしましょう。

Sponsored Links

潮干狩りは準備万端で出かけよう!

潮干狩りに出かけるときはあらかじめ日にちを決めることからはじめましょう。 日にちを決めたら天気と潮見表を確認します。屋外レジャーですから基本的に天気がよさそうな日を選ぶほうがいいですよね。

海岸の潮見表を見れば潮干狩りができる日とできない日とが明記されています。それは潮干狩りが潮の引いているときだけできて、潮が満ちているときはできないためです。 潮見表は必ず事前にチェックしなければいけません。

 

潮干狩りに適した服装

上は長袖、頭には帽子をかぶりましょう。春といっても日差しは強いので、日焼け対策はしっかりするほうが良さそうです。

下は潮の加減で濡れることもあるので半ズボンがおすすめです。

問題は足元。靴だと濡れてしまうし、長靴だと水が入ってしまったときとても不快。かといって裸足では割れた貝殻などが刺さって怪我をすることもあるので危険です。

私がおすすめするのは履き古した靴下を履くこと。1枚だと心配なので2枚重ね履きします。使い古した靴下なので汚れてしまっても捨ててしまえるので便利ですよ。地下足袋をお持ちの方は地下足袋でどうぞ。

準備物

  • あさりを取るための熊手
  • あさりを入れる袋(スーパーのレジ袋の下に小さな穴をいくつか開ければよい)を数枚
  • 着替え

最近ではほとんどのものを潮干狩り場で貸し出し・販売しているので着替えされあれば困ることはありません。

Sponsored Links