ほおずき市ってどんなお祭り?

日本の下町の夏を彩るお祭りといえばほおずき市です。

このほおずき市は芝の愛宕神社が発祥と言われています。

女性の夢枕に愛宕様が現れて、

「ほおずきを水で鵜呑みにすると、大人は癪を切り、子供は虫の気をさる」

仰せになったことを祝って始まったと言われています。

Sponsored Links

そんなほおずき市ですが今日では浅草を始め東京の下町の夏の風物詩として多くの人の夏の象徴となっています。

今日は有名ほおずき市の中でも美食の街神楽坂のほおずき市についてご紹介します。

 

 hzki01 (1)

 

神楽坂ってどんな場所?

皆さんはそもそも神楽坂ってどんな場所かご存知でしょうか?

神楽坂はなんと言っても美食の街として有名です。

 

神楽坂エリアには200店以上もの飲食店が立ち並び、

ミシュランガイドでも10店が星を獲得するまさに美食の街です。

ほおずき市ではこれらの近隣店舗による出張販売屋台も訪れる人の目的の一つとなっています。

 

また随所にある路地では江戸情緒あふれる町並みを楽しむことができ、

写真ファンには絶好のスポットとなっています。

 

 hzki02 (1)

 

2015開催日程

神楽坂まつりの開催日は

毎年7月中旬の水曜日から土曜日までの4日間行われます。

 

なかでもほおずき市は

平日の水曜日と木曜日に開催され

夕方からはあなたがお楽しみにしている屋台を楽しむことができます。

 

また金曜日と土曜日には阿波踊りが催され、

夏ならではの熱気を体全体で味わうことができます。

 

ちなみに屋台が出店する日はほおずき市が開催される平日のみで、

金曜日と土曜日に屋台は出店していないので屋台が気になる人は気をつけてください。

 

 

 

神楽坂までのアクセスは?

神楽坂は神楽坂通り商店街の周辺で行われます。

神楽坂通り商店街へのアクセスは

JR飯田橋駅または東京メトロ東西線・

有楽町線・

南北線「飯田橋駅」か

都営大江戸線「牛込神楽坂」駅より徒歩1分程度です。

 

駅から少し歩いたところにある毘沙門天門前付近では

美食の街ならではの近隣飲食店による出張販売屋台が50軒以上立ち並びます。

 

hzki03 (1)

 

神楽坂まつりの魅力

江戸時代の町並みを彷彿させる下町情緒溢れた

神楽坂で行われる神楽坂まつりですが、

その魅力はなんと言っても下町を楽しむところにあります。

 

夏といえば浴衣を連想する人が多いと思います。

下町情緒あふれる町並みを浴衣で歩くなんて考えてだけでも素敵ですよね。

神楽坂まつりではそんな人向けのサービスが整っています。

浴衣の着付けサービスから浴衣コンシェルジュまで、

浴衣に不慣れな人でも気軽に相談できるので、

浴衣初心者も安心して浴衣での散策を楽しむことができます。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

まだ神楽坂を訪れたことがない人も

神楽坂常連の人も

2015今年の夏は神楽坂まつりで下町情緒たっぷりの夏を体験してみませんか?

Sponsored Links