最近ではカーシェアリングなんかも流行っているそうですし、
ちょっと遠くまでドライブ!なんて方も多いのでは?

しかし、
ふとガソリンランプを見てみると点滅!!
こうなると結構焦っちゃいますよね?

点滅してからどれくらい走るか気になりませんか?

今回は、ガソリンランプが点滅してからどれくらい走るのか、
ガソリンの減りにくい走り方を取り上げてみたいと思います。

 

ガソリンランプが点滅してからどれくらい走るものなの?

 

まず、今回の話は日本車に限るという前提で記載いたしますので、
外車の場合は注意してください。

車両保安基準に関する法律に定められてるのですが、
1500cc以上の日本車は
残りのガソリンが10Lでガソリンの警告ランプが点灯するようになっています。

じつは、
ガソリンスタンド間の距離が最も長い
高速道路のサービスエリア間の約50kmが走れるように規定されているんですね。

 

先ほど申し上げましたが、
外車の場合はこの基準とは違うので気をつけておきましょう!

外車の燃料計がエンプティを知らせた場合は、
本当にガソリンが空っぽであることが多いようです。

心配な場合は、メーカーにしっかりと確認しておきましょう。

 

ガソリンの減らない走り方をご紹介!

Sponsored Links

まず、気をつけて欲しいのは
「ゆっくりと発信する」ということ。

急発進はエンジンに負担がかかるため
控えたほうがガソリンを食わずに済みます。

「坂道(下り)は惰性運転」にすることで、
無駄なガソリンを抑えることが出来るようです。

色々と調べていると、
積載量が多いとその分ガソリンを食うようです。
普段必要の無いものを乗せている方は下ろしておくといいでしょう。

また、電力を多く使うのもNGです。

エアコンや、スマホの充電器、空気清浄機やモニターなどなど
緊急の場合は、使うのは控えガソリンを長持ちさせるようにしましょう。

そして、ブレーキ関係。
赤信号になるとわかった時には、
事前にアクセルから足を離しておきましょう。

止まる時に急なブレーキをかけるのではなく、
事前に惰性運転にしておくことでガソリンを節約できるのです。

そして、
なんといっても必ず長い間止まっているときは
「アイドリングストップ」を心がけるということです。
だいぶ違いがあるようです。

 

それに加えて、一つ高速道路での裏技を!

 

高速バスなど背面が平面の大型車の後ろ30メートルくらいにピッタっとくっついて走るということです。

空気抵抗を受けずにアクセルが軽くなります。

そうすることで、余計な力を使わずにガソリンを節約できるんですね!

ぜひ、ためして見てください。

 

もし車が止まってしまったら…

20150831_02

二重事故の防止と交通妨害を避けるという二点に注意しましょう。

まずは、
ハザードを付けて後続車に知らせるようにしましょう。

その後三角表示板がある方はそちらも使用するようにしましょう。

何よりも、後続車の二重事故の防止に努めましょう。

 

押して動くようであれば、邪魔にならない場所に移動させましょう。

どうしてもダメな場合はロードサービスへの連絡を!

もしロードサービスの電話番号がわからない場合、
警察への電話でも問題ありません。

すぐに移動させる手段を探りましょう。

自力で移動させている動画をもつけましたので
緊急のガス欠の場合は参考にしてみてくださいね。

 

まとめ

 

急なハプニングに人間は弱いものです。

こうやって事前に知っておくことで冷静に対処できるはずです。

・国産車かどうかの確認

・ガソリンの減りが少ない走り方を知る

・止まってしまった時の対処方法

は知っておいて損はありません。

Sponsored Links