「自動車の重量税」あなたはどのくらい知っていますか?

みなさんは重量税って知っていますか?「自動車の重量税、払ってはいるけど詳しく説明しろと言われると…」 「今まで車を持ったことがないから重量税については全く知らない!」

今回はそんな、みなさんのために 重量税ってそもそもどういうもの? という素朴な質問から お金が戻ってくるお得な制度や裏技まで! 重量税についてわかりやすく解説していきます。

重量税ってどういう税金?

そもそも重量税とは、どういった税金なのでしょうか? 簡単に言うと、車の重さにかかる税金です。 「車の重量が重い方が道路に負担がかかる」という お話しのもと、道路整備の予算確保のため 1971年に施行されました。  

この税金、日本独特のものでアメリカなど、外国にはありません。 不必要論も上がる税金ですが 日本に住んで、車に乗る以上は 納めないわけにはいかないお金なのです。

Sponsored Links

重量税はいつにどこに納めるの?

それでは、重量税を納めるタイミングはいつで どこに納めればいいのでしょうか? まず、いつ納付するかですが これは、新車購入時と車検のタイミングになります。 なので、基本的には新車登録時に3年分支払い 以降は2年ごとの車検時に納付することになります。

続いて納付場所ですが、これは各都道府県の陸運局 軽自動車の場合は、軽自動車検査協会で 印紙を購入して納付するきまりになっています。    

重量別税金納付額一覧

  重量税の概要を話したところで 次は、金額についてです。 エコカー減税適用別、重量別に一覧にまとめてみました。

新規登録(3年分支払い) 自家用車の場合

車両重量 エコカー減税 適用車

エコカー減税 非適応車

免税 75%減税 50%減税
~0.5t  0円  1,800円  3,700円  12,300円
~1.0t  0円 3,700円   7,500円 24,600円 
~1.5t   0円 5,600円   11,200円 36,900円 
~2.0t   0円 7,500円  15,000円  49,200円 
~2.5t   0円 9,300円  18,700円  61,500円 
~3.0t   0円 11,200円  22,500円  73,800円 

※エコカー減税適用車については免税、75%減税、50%減税で分けています。
※エコカー減税の期間は平成24年5月1日から平成27年4月30日です。

車検(2年分支払い) 自家用車の場合

車両重量 エコカー減税 適用車

エコカー減税 非適応車

車検証の登録年月日

免税 50%減税 エコカー 13年未満 13年以降 18年以降
~0.5t  0円  2,500円  5,000円  8,200円 10,800円 12,600円
~1.0t  0円 5,000円  10,000円 16,400円  21,600円 25,200円
~1.5t   0円 7,500円  15,000円 24,600円  32,400円 37,800円
~2.0t   0円 10,000円  20,000円  32,800円  43,200円 50,400円
~2.5t   0円 12,500円  25,000円  41,000円  54,000円 63,000円
~3.0t   0円 15,000円  30,000円  49,200円  64,800円 75,600円

※平成26年4月1日から平成27年4月30日の期間で新規登録時に 免税された後、最初に受ける車検時は“免税”となります。
※平成24年5月1日から平成26年3月31日の期間で 新規登録時に免税された後、最初に受ける車検時は“50%減税”となります。 また、平成24年5月1日から平成27年4月30日の期間で新規登録をしていない 免税適用車が上記期間中に受ける車検時も、同じく“50%減税”となります。
※“エコカー”項目に含まれる車は、車検時に既に1度減税をされた免税適用車と 75%減税、50%減税適用車です。 エコカーの場合は年数が増えてもエコカー項目のままです。

エコカー減税適用車一覧は国交省のホームページで確認できます。

 

エコカー減税の仕組みが若干複雑ですが 簡単に説明すると 免税適用車は、期間中であれば新規登録時と 最初の車検時にも税金が減額されるとてもお得な車です。

75%減税、50%減税適用車は期間中の新規登録時のみの減税ですが エコカーでない車と比べると車検時も少ない税金ですみます。  

Sponsored Links

知っていると得をする廃車還付制度とは?

そろそろ車を乗り換えよう!でも中古車としてはボロボロで売れそうにない… そんな時は廃車にするしかないですね。

この廃車を行う時に、還付申請を行えば 車検の残った期間(次の車検まで1年半の場合はその分)に 対応する重量税額が還付されます!廃車を考えている方は ぜひこの制度を利用してください!

 ちなみに受け取りは還付申請を行ってから 約2カ月半かかるようです。    

自動車重量税の裏ワザ!

最後に重量税のとっておきの裏ワザを紹介します。それはクレジットカードとnanacoを使った お得な裏技です!

nanacoとはセブン‐イレブンやイトーヨーカドーで 使える電子マネーサービスのことで コンビニ支払いができる重量税の支払いにも使用できます。

しかし、ただnanacoで支払っただけでは なんの得もありません。 重要な手順はnanacoにお金をチャージするときに クレジットカードを使用するということです。

これによりクレジットカードのポイントが 支払う重量税分手に入るのです!支払う税金が減額されるわけではありませんが ただ現金で支払うよりはお得な方法ですよ。税金とは必ず支払わなければいけないものです。

ですが、何も考えずにただ支払うのではなく こういった方法で、お得に支払っていきたいですね。    

自動車税と勘違いしていない?

自動車税自動車重量税が同じ税金だと思っている方が多いのですが、これらは全くの別な税金です

  • 自動車税・・・・都道府県税で毎年納めます。
  • 自動車重量税・・・・国税になります。  

まとめ

車を新しく購入する時に、気になるのが維持管理費ですよね。この自動車重量税も維持管理費の一部にもなります。悩んでいる車がある場合は、維持管理で比べて決めるのもありですよ。

維持管理費用や税金は出来るだけ安く済ませたいものですからね。場合によっては、中古車よりも新車の方がお得な場合もあります。しっかりと比べてみましょう!

Sponsored Links