夏の京都と言えば“祇園祭”(ぎおんまつり)

日本三大祭りのひとつに数えられる京都最大のお祭りです。

7月1日から一か月間行われる世界でも数少ない長期間の祭りとしても有名で

7月中旬に行われる前祭の宵山(よいやま)

本祭の山鉾巡行(やまほこじゅんこう※やまぼことも読む)では大いに賑わいをみせます!

というわけで今回は祇園祭2015の日程と  宵山の楽しみ方について紹介していきます。

 

Sponsored Links

 

2015年日程

まずは、祇園祭2015の日程について 山鉾巡行をメインに説明していきます。

山鉾巡行とは、33基の飾り屋台(山鉾)が前祭と後祭に分かれて京都市内を巡行すること

gios02 (1)

7月1日(水) 吉符入り(きっぷいり)祭の打ち合わせが行われる。

この日から祇園祭が始まります!  

7月14日(火)~16日(木) 宵山  宵山提灯が灯り、祭の雰囲気も最高潮に!

15・16日は露店の出店や歩行者天国が設定されます。

7月17日(金) 山鉾巡行・前祭  祇園祭のハイライト。23基の山鉾が市内を巡行します。

7月24日(金) 山鉾巡行・後祭  2014年から再開された後祭。

10基の山鉾が市内を 巡行します。

露店の出店や歩行者天国の設定は予定されません。

 

山鉾巡行の他に、神輿渡御(みこしとぎょ)も行われ

これに関係している行事は31日まで行われます。

 

gios01 (1)

宵山の楽しみ方&スポット

さて、露店を含めたいわゆるお祭りを楽しめる宵山ですが、

オススメの楽しみ方とスポットを紹介します。

 

楽しみ方1

浴衣で楽しむ宵山では多くの方が浴衣を着て祭を楽しんでいます。

浴衣の柄だけでなく、

小物や髪型まで整えて参加するとより一層、宵山を楽しめるはずです。

 

楽しみ方2

山鉾に登る

祇園祭では「粽」(ちまき)という笹で作られたお守りが山鉾の近くで売られています。

この粽を購入する、もしくは 入場料を払うことで山鉾に登らせてもらえるのです!

貴重な体験ができるので、かなりオススメですよ。

※ただし一部山鉾でのイベントなので注意が必要です。

 

オススメスポット

八坂神社

宵山のエリアから離れますが、八坂神社では様々な伝統芸能が奉納されています。

舞や邦楽の演奏などの伝統芸能を 一度に、

それも無料で観ることができるオススメスポットです!

 

 

まとめ

今回は祇園祭の日程と宵山の楽しみ方をお話ししましたが

祇園祭は宵山以外にも行事やイベントがまだまだ たくさんあります。

 

宵山の散策動画

 

祇園祭は一度参加したぐらいでは全てを満喫することはできません。

山鉾巡行の前祭に参加したら、次は後祭に参加してみてください。

きっと新しい発見があるはずです。

また、

楽しいお祭りの山鉾巡行や宵山に目が行きがちですが本質の神事である祭を学ぶためにも、

神社によって行われる神幸祭・還幸祭に触れてみることもオススメいたします。

Sponsored Links