お彼岸っていつかしってましたか?

「暑さ寒さも彼岸まで」、と言いますが
お彼岸というのは春なんでしょうか?
それとも秋なんでしょうか?

お彼岸は春彼岸と秋彼岸と年2回あります。

とっても馴染み深いようで、
意外となにをどうするのかわからない、
そんなお彼岸とはどんなものか、
何をすべきなのかを見てみたいと思います。

 

お彼岸の日にちは毎年変わる?
 - お彼岸の時期

 

では実際、お彼岸の正確な日にちはいつでしょうか?

もっと正確に言いますと、お彼岸は一日ではなく期間なのです。

春彼岸は春分の日をはさんで前後3日間、つまり合計7日間

秋彼岸は秋分の日をはさんで前後3日間の同じく合計7日間をさします。

ちなみに彼岸の始まりの日を「彼岸の入り」、
彼岸の終わりを「彼岸の明け」といいます。

そして真ん中の春分の日、秋分の日にあたる日を
「中日(ちゅうにち)」といいます。

そうすると、2015年秋彼岸は

彼岸の入り:9月20日

中日:9月23日

彼岸の明け:9月26日

 

2016年春彼岸は

彼岸の入り:3月17日

中日:3月20日

彼岸の明け:3月23日

 

お彼岸の期間って日にちが
決まっていないのでしょうか?

 

春分の日、秋分の日は、
昼と夜の長さがほぼ同じになる日です。

春分と秋分は太陽の通り道が
赤道上空を通過する日です。
それを計算上導いて春分の日、
秋分の日を決めているのです。

毎年、国がそれを祝日として
前年の2月1日に
「来年の春分・秋分はこの日ですよ」と決めるのです。

つまり毎年彼岸の期間は変わります。

 

お彼岸をどのように過ごすべきか 
― お彼岸の意味

2015082902

お彼岸は仏事です。

仏教の世界ではお彼岸にを供養することによって
極楽浄土に行けるとされています。

仏教では極楽を「彼岸(ひがん)」、
人間世界を「此岸(しがん)」と呼びます。

彼岸は西に、此岸は東にあります。

つまり太陽がぴったり東から上って、
ぴったり西に沈む春分と秋分の日は
極楽と人間界が最も通じ合える日と信じられているのです。

宗教上の意味と自然の神秘が相まって、
季節の移ろいを大事にする日本人の心の文化に浸透していったのでしょう。

 お彼岸の期間をどのように過ごしたらよいのでしょうか?

 

家の仏壇

お掃除をしましょう。

普段頻繁に仏壇に手を合わせている人も
仏具をきちんとどかして掃除をしている、
という人はそうそういないのではないでしょうか?
仏様が埃をかぶっていてはいけません。

きれいにして差し上げましょう。

Sponsored Links

お墓参り

2015082903

まずはお墓の掃除です。

お墓参りは一人で行ってもかまいませんが、
普段行かない親族などと一緒にお参りに行ってもよいと思います。
そこで皆でお墓をきれいにしてあげましょう。

期間に行かれない場合でも、なるべく早めにお参りをしましょう。

ごみはきれいに取り除き、雑草を抜いたりコケを落としたりしましょう。

参考までにお墓参りの流れを教えてくれる動画を添付します。

 

「お墓参りの仕方」

お墓をきれいにしたら、花などをお供えし、お線香を立てます。

一人一人心を込めてお墓に手を合わせ、お参りをしましょう。

 

お彼岸のマナー

 

お彼岸を少し理解すると、
やはり大事に過ごしたいものだという気持ちになりますね。

そんな気持ちを台無しにしないように、
マナーをしっかり確認しておきましょう。

お供え

春であれば牡丹餅、
秋彼岸であればおはぎをお供えします。
季節の果物などをお供えするのも良いです。

お供えは直接置かずに
二つ折りの半紙の上に置きましょう。

お供え物はお彼岸が明けたらどうしたらよいのでしょう?

 

いいのです。

仏様のお供えをいただき、いただいたものに感謝をし、
敬いの気持ちをもっていただくことで供養するのです。

 

お墓参りに行く前に

 

お墓が不便な場所にあるのはよくあることです。
事前準備をきちんとしましょう

  • お線香
  • お花
  • ライター
  • お供え物
  • お墓を掃除する道具(ブラシなど)

お花は季節のお花、
故人が愛した花などを用意すればよいと思います。

ちなみに彼岸花は彼岸の頃に咲く花であって、
お供え花ではありません。

 

服装は?

特にお彼岸を迎えるための服装というのはありませんが、
厳かな気持ちで仏前に立つのにふさわしい服装、落ち着いた格好をしましょう。

 

お彼岸のタブー

 

基本的にお祝い事はできれば避けた方がいいようですね。

結婚式やその他パーティーなど。

ただ、あまり敏感にならずに
常識の範囲内で考えればいいような気がします。

 

まとめ

「お彼岸」に親しみのない人でも、
身近な存在を亡くしたりして、
急に身近に感じるようになることもあるでしょう。

お彼岸はご先祖様を含めた家族また親族を
つなぐ大切な行事であり、文化です。

お彼岸を様々な季節の移ろいと合わせて
大事にしてきた日本人の心をこれからも
大事に引き継いで続けていきたいものですね。

Sponsored Links