みなさんは「アデノウイルス」をご存知でしょうか?

 

大人もかかる可能性は十分にある風邪ですが、小さなお子さんがかかってしまうと大人よりも重症化しやすい疾患のひとつです。シーズンも6月辺りから主に流行の兆しを見せる事が多いのですが、冬場でも流行することもあります。色々知っていておくと万が一の時に功を奏すかもしれません。

 

さてこのアデノウイルス、詳しくは一体どんな病気なのでしょうか?

Sponsored Links

 

アデノウイルスの症状は?

アデノウイルスは別名「咽頭結膜熱」と言い、俗にいう「プール熱」も数あるアデノウイルスの中のひとつと言われています。アデノウイルスというウイルスが原因で起こり、主には咽頭扁桃炎と結膜炎が大きな症状としては知られています。

 

さらに具体的な症状としては

  • 咽頭の痛み(喉の腫れ、痛み、水泡など)
  • 目ヤニや充血を伴う結膜炎
  • 38〜40℃くらいの高熱
  • 頭痛
  • 吐き気
  • 腹痛、下痢を伴う胃腸炎

これらの症状がひとつだけ出る場合や、複数重なることもありますし症状は相当に幅があり、症状の重篤な場合は(比較的稀ではあるけれど)、高熱による脱水により入院を余儀なくされる場合もあります。

 

アデノウイルスの感染源の原因はどこ?

アデノウイルス,感染源

主な感染源として、病名や症状の通り「プール感染」が非常に多く、また他のウイルス性の風邪と同様に接触感染や咳、唾液によるところが多いようですので、家族内で感染者が出た場合は同じ鍋や大皿を皆でつついたりして食べるというのも控えるようにしましょう。また鼻水、涙などによっても感染してしまいます。

タオルやコップの共有も二次感染につながり、結果家庭内で感染源を作ってしまう事になるので注意が必要です。

 

アデノウイルスの治療方法は?

一般的に治療のための薬はありません。自然治癒が望ましいです。しかし、喉の痛みが激しい場合や高熱が続きぐったりしている時のために、頓服として解熱鎮痛薬を使うことがあります。

 

元気があり熱もなければ入浴も可、ただし食事に関しては喉が痛くて食べたくても喉を通らない場合もあるのでそういったときには

  • プリン、ゼリーのような喉ごしのいいもの
  • アイスクリーム
  • 冷めたコンソメスープや味噌汁、お吸い物
  • イオン飲料やその他飲みたいもの

を食べさせましょう。

 

注意すべきは、喉に症状がある時は熱いものは避けること、喉に刺激の少ない温度、塩加減を調整してあげてください。その他お子さんが食べたいと思ったものは、下痢をしていない限りは食べさせても問題ありません。

 

一番避けるべきことは、「脱水症状をおこさせないこと」、ここが重症化するか否かの分岐点にも繋がります。また発熱時は寒気や震えを訴える場合もありますので、その際には暖かい服装を心掛け、逆に高熱が出ている時には薄着にして熱を外に出せるように衣類を調整することが大切です。

 

参考までにアデノウイルスは熱に弱く、キッチンハイターをいれた55℃のぬるま湯に30分程度浸しておくことでウイルスがおおむね死滅するので、殺菌消毒には有効です。

Sponsored Links

アデノウイルスは感染してから完治までどれくらい?

高熱は比較的長期的に継続するケースが多く、4日間~7日間程度続くことがあります。症状にもよりますが、トータルで10日~2週間程度で回復となりますが、扁桃腺に症状が強く出ている場合はもうしばらく回復には時間を要することもあります。

 

目ヤニが多いときは、点眼治療も継続的に続くこともあります。回復後も2週間~1か月ほど、便からのウイルス排出が続きますので、ご両親はしばらくの間二次感染には注意がまだまだ必要です。

 

さいごに

いかがでしたか?お子さんの辛そうな姿は、心が痛みます。特にここ近年はウイルス性の風邪の種類は非常に増え、ひとつの病名でも色々な型を持ち合わせたりすることも多いので、家庭でも対策を練るのは大変です。

 

また、ウイルス性の疾患は即効性の期待できる薬が存在しないことがほとんどなので、自然に完治する時を待つしかないのが悔しいところ。こうなるとますますごく当たり前の事ではありますが、手洗いうがいの重要性は切り捨てられないものとなります。

お医者さんに教わった手洗いとうがのしかた

最後まで読んでいただきありがとうございます。

他のおすすめ記事も多くの方に読まれております。

Sponsored Links