実は私もあるんですが、

【足の裏のほくろ】って危険なんて聞いたことないですか?

気になりつつも、ほったらかしにしていたので

今回はその理由と原因をまとめてみました。

足の裏のほくろ

あまりよくないって言われるわけは?

普段紫外線の当たらない足の裏のほくろは、

他のところにできるほくろに比べて、

皮膚がんである可能性が高いと言われています。

そのため、メディア等では、

足の裏にできたほくろはよくないといわれるのです。

また、ほくろががん化するという見解には、

賛否分かれますが、ほくろへの刺激により、

がん化する可能性があるという意見もあります。

足の裏のほくろの場合、

歩くだけで刺激となってしまうため、危険性が高いです。

しかし、

悪性のがんである確率は1万分の1とも言われており、

多くは良性の母斑細胞の可能性が高いです。

メラノーマ?

「悪性黒色腫」というがんの一種で非常に悪性が強く、

転移しやすい皮膚がんです。

一般的には「ほくろのがん」として認知されていますが、

医学的にはメラサイトと呼ばれる

メラニン色素を作る細胞やほくろの細胞ががん化した腫瘍と考えられています。

黒色腫と呼ばれますが、

メラニン色素の産生程度によって褐色~茶色であったり、

稀に淡紅色~常色であったりもします。

日本人に最も多いとされるメラノーマは、

足の裏や手のひら、

手足の爪下部などに発生しやすいです。

Sponsored Links

どんなのが危険なの?

ほくろの左右が非対称、

ほくろの周りがギザギザしている(墨じみができている)、

ほくろの色に濃淡が混ざっている、

ほくろの大きさが6㎜以上といった場合、

メラノーマの危険性が高くなります。

もしこれらの項目に一つでも当てはまる場合は、

早期発見・早期治療が大切になってきますので、

専門医療機関で早めに受診することをオススメします。

また、時折お灸やカミソリなどを使い、

自身で除去しようとする人もいますが、

もしそれがメラノーマであれば、

取り残しや除去時の刺激により、

余計に悪くしてしまう可能性がありますので注意が必要です。

asinouranohokuro02

急できたほくろは・・・

先天的に生じていたほくろに比べ、

知らない間に急に出てきたほくろの方ががんである可能性が高くなります。

また、大きくなるスピードが速かったり、

前述した項目に当てはまったり、

表面がグチュグチュしてきたりといった状態があると、

メラノーマが疑われます。

病院に行く必要はある?

この項に行きつくまでに

さんざん専門医療機関への受診を勧めてきていますが、

やはりこのほくろのがんは素人では判別しにくかったり、

発見していても症状がないので放置されやすかったりするため、

なにか不安を感じたら病院に行く方が良いと思われます。

実際、病院もタダではないですし、

あまり喜んで行くところではないので、

抵抗もあるかもしれませんが、

受診することでそれが悪性であれば早期発見で治療もできますし、

良性であれば不安も解消されるはずです。

後悔しない、

不安でストレスを溜めないためにも、不安を感じたらすぐに受診しましょう。

asinouranohokuro03

まとめ

①足の裏のほくろは他のほくろに比べがんである可能性が少し高いです。

②日本人に多いメラノーマは、悪性が強く、足の裏、手のひら、爪下部に発生しやすいです。

左右非対称、形や濃淡がバラバラ、大きさが6㎜以上、表面がグチュグチュは注意が必要です。

急にできたほくろはメラノーマの可能性があります。

不安に感じたら、まず専門医療機関で受診しましょう。

Sponsored Links