コンビニ払いでちょっとお得に!自動車税「プチ特」する裏技
年に1回やってくる自動車税・軽自動車税の納税。5月が納税月となっているため、5月に向けてコツコツお金を貯めているという方も多いのではないでしょうか。さて、みなさんは自動車税をどう支払っていますか?銀行の窓口や口座引き落としで支払われている方がほとんどだと思いますが、同じ金額支払うならば少しでもお得な方法で支払いませんか。自動車税を支払うのに「お得」なんてありえるの?はい、ありえるんです!自動車税で「プチ特」する裏技お教えします。

自動車税をコンビニ払いするには?

Automobile tax01

 全国の各市町村では市税のコンビニエンスストア払いに対応しています。自動車税も含まれます。コンビニ払いするためにはバーコードのついた納付書が必要です。納付書を持って期限以内にコンビニへ行き支払えばOK。ほとんどのコンビニで対応していますが、納付書の裏側に「利用できるコンビニ」の名前が記載されていますので、そちらを参考になさってください。

コンビニ払いする場合の注意点がいくつかあります。コンビニではバーコードを読み取り支払うことになりますので、バーコードのない納付書や、バーコード部分が汚れていたり損傷していて読み取れない納付書はコンビニ払いすることができません。

 

自動車税のコンビニ支払期限は?

納付書に記載されている期限を守って支払うようにしましょう。ほとんどの場合で5月31日となっています。期限がすぎた納付書はコンビニで支払うことができませんのでご注意ください。

 

自動車税をコンビニでクレジット払いできる?

 自動車税は比較的金額の大きな出費となります。急に現金が準備できない、そういうこともあるでしょう。そういうときに便利なのがクレジットカード払いです。徐々にクレジット払いに対応している市町村が増えて生きていますので、お住まいの地域でクレジット払いが可能なのかどうかから調べてみましょう。

クレジットカード払いのメリットは、パソコンやスマホから簡単に手続きができてしまうのでわざわざ支払いにいく手間が省けます。その上24時間対応しているため思いついたときにいつでも支払いができます。分割やリボ払いなどもできるため計画的に支払うことができます。

支払い方法は「yahoo公金支払」のサイトで行います。デメリットとしては1台につき324円の決済手数料がかかってしまうということ。あまりお得な情報ではありませんが、「時は金なり」ということばにもあるように、支払うための時間と手間を考えると損ではないような気もします。

Sponsored Links

 

自動車税コンビニ支払で「プチ特」する裏技!

 上記の「自動車税をクレジットカード払い」は、クレジットカードのポイントやマイルが溜まる反面、決済手数料が必要となりますので、「お得」というわけにはいきません。

自動車税を支払うことによってポイントが丸々ついてしまうという方法は、実は電子マネー「nanaco」で支払う方法です。セブンイレブンではnanacoで市税を支払うことが可能です。

支払うこと自体にはポイントはつかないのですが、nanacoをクレジットカードでチャージするとそれによってポイントが加算されるのです。クレジットチャージできるカードはセブンプラスカード、セゾんカード、UCカード、三井住友カードなど全部21のカードとなっています。

その全部にポイントがつくわけではありません。ポイントがついてしまうお得なカードはこちら!

リクルートカードプラス

リクルートカード

楽天カード

ファミマTカード

Tカードプラス

ローソンpontaカード

漢方スタイルクラブカード

例えば楽天カードの場合は還元率が1%なので100円チャージで1ポイント。例えば1万円をチャージすると100ポイントが付与されるということなのです!

 

 bsMAX87_batuwotukuttagaijin20140531

自動車税コンビニ支払いのまとめ

 自動車税プチ特裏技、少し面倒なようですが、こうして支払えばかなりの高ポイントが付与されます。自動車税分ぐらいの買い物をしたと考えればとてもお得な感じがしませんか?

ただ支払うのではなく、こうした裏技を利用して賢くポイントを集めましょう。少しの差がチリも積もればで、やがて大きな金額になります。無駄な出費を少しでもおさえて、少しでも好きな事に使えたらいいですよね。ぜひ、お試しくださいね。それでは。

Sponsored Links