季節によってさまざまな表情が楽しめる我が国日本!
春夏秋冬と4つの季節がありますが、あなたはどの季節が好きですか?

私は断然「秋」です。嘘つきました、夏も同じ位好きです。)紅葉が見頃になると、あちこちのスポットに行きたくなってしまい、うずうずとしてしまいます。笑

 紅葉を観に行っていつも思うことが、紅葉の葉っぱの色の違い。なんで同じ樹木でも色が違ったりするのかが不思議。赤・黄・黄緑・・・・

 

ちなみに、

  • 紅葉(こうよう)・・・赤くなった葉っぱ
  • 黄葉(おうよう)・・・黄色くなった葉っぱ

って知ってましたか?私は、黄葉が読めませんでした。ですので、フリガナを一緒にのせておきます。恥ずかしい限りです。

 そこで、今回は「紅葉」と「黄葉」の違いを詳しく解説したいと思います。

 

紅葉と黄葉の仕組み(メカニズム)は?

fall-leaves-1010579_1280

 はじめから大変申し訳ありませんが、なんだか難しい話しになってしまいます。できるだけわかりやすく解説しますので最後まで読んでくださいね。

 木の葉っぱには、色素という物が入っております。いわゆる、色の素となるモノです。

具体的には、下記の色素です。

  • クロロフィル(緑色)
  • カロチノイド(黄色)

 この二つの色素で、基本的な色がついております。

 ですが、夏から秋、秋から冬と寒くなるにつれて、この色素が分解されてしまいます。

 

黄葉になる仕組みは?

 一般的には、緑色の色素であるクロロフィルの方が早く分解されるので黄色の色素である、カロチノイドが残されて黄葉になるという仕組みです。

 

紅葉になる仕組みは?

日中の太陽の光で光合成を行い、つくられた糖分が葉っぱの中に残された状態のまま、さらに光にさらされると光の下で、赤色に変化していきます。

日中、出来るだけ多くの糖分をつくり、寒ければ寒いほど緑色の色素が分解されるため、より見事な紅葉になります。

 これで、温度差があったほうが、紅葉しやすいというのも、うなずけますね。

  

Sponsored Links

 

 

紅葉と黄葉の変化の違いや楽しめる樹木は?

tree-99852_1280

少しだけお話をまとめつつ、どんな樹木が当てはまってくるのかを解説しますね。

ここまで、紅葉、黄葉する違いというのは、

  • 色素の分解(クロロフィルとカロチノイド)
  • 赤色への変化(アントシアニン)

 

この2つ、更に細かく分別すると3つによって、色が変わるというお話をしました。実際の紅葉、黄葉はこの3つのパターンを組合わせてさまざまな表情をみせてくれます。さっそくどんなパターンがあるのかを見ていきましょう!

 紅葉、黄葉の変化のパターンと樹木の例

 

  • 緑色⇒赤色への変化  樹木例:ナナカマド

 これが一般的な紅葉パターンです。これは、3つの変化が一緒に進むとキレイな赤色に一気に変化していくんですね。

 

  • 緑色⇒黄色への変化 樹木例:イチョウ、カラマツ

 こちらは、黄色の色素が残り、赤色に変化する能力を欠いたパターンです。コレはコレでキレイなものですよね。

 

  • 緑色⇒黄色⇒赤色 樹木例:トウカエデ

 こちらは、黄葉そして紅葉を楽しめる一番表情の変化が多いパターンです。緑色の色素が分解され、黄色の色素が残り、最後に赤色への変化です。

同じ樹木でも遠くから観ると色に大きな違いが出るのも、この樹木の特徴ですね。

 

 紅葉と黄葉の違いの記事まとめ

 紅葉(こうよう)と黄葉(おうよう)の色の違い。
どーでしたか?わかりやすいように少し噛み砕いたので、専門的に言うと少し意味が違うよ!という部分もあるかもしれませんが、分かりやすさ重視ということで、勘弁してください。笑

 色素の分解や変化によってさまざまな表情をみせてくれる樹木さんたち。実はいろんなメカニズムがあって、紅葉よ黄葉に違いは出ていたんですね。

紅葉を観にいったときに、変化の違いを見比べながら、この記事に書いてあった変化の仕組みを思い出していただけると大変うれしく思います。それでは。

 

 最後まで読んで頂きありがとうございます。
記事の下に、あなたへオススメの記事を準備しておきましたので、見てみてください。

Sponsored Links