「なんだか奥歯が痛いような…!?」と感じたこと、みなさんはありますか?大人になっても歯医者だけはなんだか苦手と言う方も多いですよね。

あの歯を削るときの音とか感触とか、子どもの時の経験がどうも私も脳裏に焼き付いていて歯医者は苦手です。歯が痛くなると「虫歯かも!?」と思いますが、実は痛くなる原因って虫歯以外にもたくさんあるってご存知でしたか?

 

今日はそんな奥歯の痛みの様々な原因や対処法、歯の健康について掘り下げていきたいと思います。

原因をつきとめて治したら、歯はもちろんですがそれ以外にも体に良いことがたくさんあるんです!これを読んで痛みを治すことに前向きになってもらえたら嬉しいです。

奥歯が痛むコレって虫歯なの?虫歯以外の原因

友人が歯科助手をしていたので実際聞いてみました。すると答えは、「歯の痛む場所によって原因が違うよ。」とのこと。具体的に書いていきますね!

  • 表面(象牙質)→知覚過敏、初期の虫歯
  • 歯の内部→歯ぎしりなどでヒビが入っている、虫歯、詰め物がずれて中に食べ物や菌が入って痛む
  • 歯の根っこ(歯茎部)→根っこまで進んだ虫歯、歯ぎしりなどによるヒビ
  • 歯ではなく歯肉の痛み→歯周病、歯肉炎、根っこの虫歯からの菌による炎症、歯ぎしりによる痛み、親知らずなどが生えて炎症が起きている
  • 顎骨→親知らずの成長による痛み、噛み合わせ、歯ぎしり

「奥歯が痛い!」と感じる原因は、大まかにわけるとこのようになります。虫歯以外にも奥歯が痛くなる原因で驚きですよね。

Sponsored Links

痛い場合のとりあえずの対処法

先程上で説明した通り、奥歯が痛くなる原因は虫歯以外にも様々です。ですので、痛みの原因によって対処法が全く違ってきます。

歯医者さんに行くにもちょっと急すぎて時間がない、そんな時の対処法としていくつかあげておきます。

頬側から濡れタオルなどで冷やす

氷枕や、濡れタオル冷えピタなどで頬側から冷やします。体があたたまっていたり、血流がよくなっていると血管の働きが活性化され他の神経を刺激してしまい痛みが発生します。ですのでその働きを冷やすことで落ち着かせてあげましょう。

個人的には濡れタオルは顔がびしゃ~とぬれるのが好きではないので、保冷剤を薄めのタオルにくるんで当てるのが一番楽だと思います。

冷えピタも種類によっては粘着力がないものもあって、貼ってはすぐ剥がれ…の繰り返しでそれもまたちょっとしたストレスになります、歯が痛い時は。

口内を清潔にする

食べカスが詰まって歯の痛みを引き起こしている可能性がある場合はそれらを取り除くことで痛みが軽減されることもあります。

歯間ブラシや糸ようじで取り除くときに、患部を刺激しないように注意して慎重に優しく行って行きましょう。この時絶対指で取ろうとすることはダメです!

なぜなら指についている菌がさらに歯痛を悪化させてしまうからです。気になるからと舌でなめたりするのもNGです!

痛み止めを飲む

一時的にですが痛みを抑えることが出来ます。数ある痛み止めのお薬の中でも、歯科で処方箋として出されるお薬に一番成分が近いと言われているロキソニンがお勧めです。

ですがこれは痛みの元の菌を殺しているので痛みがおさまっているわけではないので、飲み続けることは良くないです。

 

 

とここまで紹介してきましたが、これらはあくまでも応急処置ですので早めに歯医者さんに行くようにしましょう。

親不知が生える時以外のほとんどの痛みの原因は自然に治ることは少ないです。

Sponsored Links

痛みが治まったけど、放置しても大丈夫?

最初に説明した中で唯一放置しても大丈夫なのは、親不知が生えてきたときの痛みです。

ですがこれもちゃんと生えてきたときだけに限ります。親不知が生えてくる時は今あるスペースをこじあけ歯茎を破り出てくるので誰でも痛みは伴います。ちゃんと真っすぐ生えてくればその痛みもなくなります。

きちんと生え切らなかったり親不知が原因でない痛みであれば、早期発見によって治療期間も短く済むので、放置するよりは一度お医者さんに診てもらった方が良いです。

 

例えば虫歯だった場合。「痛みがなくなったからいっか~」と放置してしまうと、どんどん悪化して更に痛みが増してしまったり、ひどい時には神経を抜いて歯の根っこの治療をすることになります。

また神経まで虫歯が進行すると、麻酔が効きづらくなって治療の時に痛みを伴うことも。

治療期間や回数も増えるし、何回も予約するのも大変だし、それにあわせて仕事や学校やアルバイトの予定も考えなくてはならないし、出費もかさんでしまいますよね。

 

もし原因が歯ぎしりからくる奥歯の痛みであった場合。歯ぎしりは寝ている間にしていることが多く、これは自分で気付くことは出来ないため家族や恋人に言われて気付くということが多いです。

気付かないまま歯ぎしりを放置してしまうと、次第に歯に強い痛みを感じるようになったり、歯が欠けてしまったり、知覚過敏になってしまうことも!

睡眠不足にもつながってしまうので、歯以外にも様々なトラブルの元になってしまいます。そう考えると、痛みが治まったから放置するよりは、一度見てもらった方が賢い選択ですよね。

歯の健康は身体全体の健康につながるって本当?

caries-back-teeth02

その通りなんです。人はものを食べられなくなるとどうなりますか?栄養不足になって死んでしまいますよね。

その「食べる」ことに一番関与してくるのが歯です。歯が丈夫な人の方がそうでない人に比べて健康寿命が長いことをご存じですか?

歯がしっかりあるとよく噛めます。よく噛み、ゆっくり食べることで肥満防止になります。

 

また唾液の分泌が活性化されますが、その唾液の中には発がん性物質を抑える働きがあると近年言われています。

入れ歯もありますがやはり本来の歯に比べて噛む力は弱くなってきます。噛む力が弱くなってくると、脳への刺激も減り認知症になるリスクも高まります。

歯の寿命を延ばすことで、健康寿命にもつながってきます。

 

そして虫歯に関する怖い話をここで一つ。虫歯をずっと放置するとその菌があごの骨を伝わり血液にも侵入して全身に巡ります。

その菌が原因で脳梗塞や心筋梗塞など全身に悪影響を及ぼす可能性もあるのです。たかが虫歯、されど虫歯。

 

歯ぎしりもそうです。歯ぎしりは歯だけでなく顎・肩・首の筋肉に負担を与えるため、肩こりや頭痛をも引き起こしていきます。また自然と睡眠不足になってしまうので身体全体のだるさにも影響してきます。

怖いですよね、早めに行って解決法を見つけ出すことで歯だけでなく身体全体の健康を守ることにつながるんです。

まとめ

奥歯の痛みは虫歯以外にも様々な可能性があり、痛みが治まったとしても一度歯医者さんで見てもらった方が将来的に賢い選択になるということもお分かりいただけたかと思います。

現在は痛みを少なく治療できる技術も進んでいますので必要以上におびえなくてもよいのかも。そして歯の健康は、身体全体の健康にもつながってきます。

いつまでも自分の歯でおいしくご飯を食べられるようにするためにも、痛みを感じて治まったとしても病院に言っておきましょう!

Sponsored Links