人の訃報はいつも突然に耳にします。えっ!?あの人が!?と言う事は、年齢を重ねると多くなってきます。

しかし、その訃報が友人からメールで送られてきた時は、どうしていいのか分からなくパニックになってしまいます。こんな時は冷静になって友人を支えなければと思います。

訃報の知らせがメールで来た時に

  • メールでお悔やみを伝えた方がいいのか
  • お悔やみの文面はどうしたら?

など、いろいろ不安な考えでうまくまとまらないと思います。

お悔やみをメールで返信するのはマナー違反?

-shared-img-thumb-VER88_sumafonayamu15150207_TP_V

友人からの突然の訃報のメールが届いた時、あなたならどうしますか?お悔やみをメールで返信するなんてマナー違反か!?なんて考え込んだりしてはいませんか?

最近の携帯やスマートフォンの普及から考えると、メールはすでに電話と同じく連絡用ツールとして認識されています。極端な内容のメール出なければ、お悔やみをメールで返信することはマナー違反にはなりません。

ただし、悲しみに暮れている友人に送る為のメールですから、硬すぎる文面はかえって他人行儀になってしまい。友人も相手に気を遣わせてしまった。などと考えてしまうかもしれません。

 

友人でなく、会社の取引の方からの訃報や会社の上司等からの訃報の連絡は、メールでのお悔やみは状況によって失礼にあたる可能性もあります。

しかし、今回のケースは友人なので、自分の気持ちを相手に伝わるような内容であればメールの返信は失礼にあたる事はないです。

Sponsored Links

友人に送るお悔やみメールの正しい文面は?

通常であればこの様な文頭になると思います。

  • 「お悔やみ申し上げます。」
  • 「突然の訃報の連絡を頂き・・・」

など、かなり文章が硬くなっています。これはいわゆる一般常識での文頭になるとおもいます。しかし、今回は友人からの訃報の連絡となりますので、状況によるとは思いますが、ここまで硬い文面でなくてもよいです。

  • 「突然で驚いています。言葉がうまくでません。自分も悲しいです。手伝えることがあったら言ってください。」

かなり角が取れた文面になっています。堅苦しい言葉は、他人行儀に聞こえてしまいますので、友人であればある程度表現を柔らかくした方が良いでしょう。

友人の悲しみを自分も受けている・突然でパニックになって言葉が出ない・友人の悲しみを支えてあげる等の文面の方が友人として力になると言う事が相手に伝わります。

Sponsored Links

友人でも送ってはいけないお悔みメールのポイント

友人でもやはり、使用してはいけない言葉のルールがあります。メール返信で件名にre:で返信はやめましょう。慌てているからと言ってもここは最低限度の事を行ってください。

件名には自分の名前とお悔やみ申し上げます。と記入した方が友人も、分かりやすいと思います。

 

また忌み言葉は完全にNGです。忌み言葉は、不吉な事を連想させることで、「重ね重ね」「再三」「またまた」などです。

これを使用してしまったら、一般常識が欠如していると認識されてしまいます。葬儀に参列して時に使用するつもりで慎重に。

まとめ

人の死は突然訪れるものです。まして、友人の身内の方だと余計に悲しいものです。自分も経験していますが、言葉が出なくなります。

どうして・なんで等が頭の中で周り続けてしまいます。それが友人本人であれば、自分以上に辛く悲しい状態です。

友人だから出来る事をしてあげるのが一番です。話や手伝いなどいろいろあると思います。そばにいてあげるだけでも大分友人の心の支えになると思います。

お焼香の方法(一般例)葬儀例

 

Sponsored Links