妊婦さんにオススメの食事をブログに載せてみる

Sponsored Links

プレママのご飯ってどうすればいいの?

妊娠したらまず気をつけたいこと、ご懐妊おめでとうございます。これからいよいよマタニティー生活が始まりますね。妊娠に気づいてまず気になるのがまず食事だと思います。

新しい命を授かり、ママの身体はこれから胎内で赤ちゃんを育てるために目まぐるしく変化をしていきます。悪阻(つわり)の時はとにかく食べやすいものを食べれば大丈夫です。この時赤ちゃんは卵黄嚢から栄養をもらっているのでママ自信が食事を摂れなくても成長することができるんです。生命の神秘ですよね。

 

そして辛い悪阻が落ち着いたらいよいよ食事が大切になってくる時期です。今回はそんな妊娠中の食事で気をつけたいことをご紹介します。

Sponsored Links

妊婦さんの食事はバランスが大切!

まずは大原則として食べ物のバランスを意識することです。妊娠中でもそうでなくても摂取すべき食品のバランスの大原則があります。

こちらは厚生労働省が推奨する食物摂取のバランスを表した図です。これを参考に、炭水化物をメインに野菜・肉・魚・乳製品などをバランス良く取り入れた食事を目指しましょう。

nstg01 (1)

 

また妊娠に気付いた段階でタバコ・アルコールは控えるようにしましょう。カフェインも血管収縮を誘発するためコーヒーであれば1日1杯程度にとどめましょう。

 

甘いものは摂っちゃダメ?

「妊娠中は糖分のとりすぎに気をつけましょう!」とよく言われています。その理由は妊娠中毒症と体重の極端な増加を防ぐためです。気を付けることとしては毎日のように食べ続けなければ大丈夫です。

 

摂取目安は1日大さじ1強程度です。ですので清涼飲料水を毎日飲むのは控えましょう。喉が渇いたときは砂糖を含まないハーブティーや水を飲むようにしましょう。

とは言ってもあまりに神経質になる必要はありませんし、検診時の体重測定で体重を確認する機会はたくさんあるのでその都度チェックするようにしましょう。

nstg02 (1)

妊婦さんは食事制限ってどうしてる?

悪阻が落ち着くと、ご飯が美味しくて食欲もまして来ると思います。この頃には胎盤も完成に近づきママの栄養が直接赤ちゃんに届くようになります。

だからこそ食事は大切なのですが、調子に乗って食べ過ぎるのも要注意です。特に気を付けたいのは塩分の取りすぎです。塩分を取りすぎると妊娠中毒症の原因になる上に、浮腫の原因にもなるのでご飯を作るときは塩分控えめを心がけましょう。

 

体重増加が気になるからと言って神経質になりすぎる必要はありません。まずはしっかりとバランス良く栄養を摂ることを心がけましょう。

妊婦さんが食べちゃいけないものってある?

タバコやアルコール、カフェイン以外にも妊娠中に気をつけたい食品は実は結構多いのです。

特に気を付けたいのが、生物全般です。

生物は食中毒の心配の他に、生の肉だとトキソプラズマ菌やリステリア菌など妊娠中に感染すると赤ちゃんに害のある菌を含むことがあるからです。

  • 生ハム
  • スモークサーモン
  • 生卵

も同様の理由から摂取には気をつけましょう。

また、動物性のビタミンAを含むウナギやレバーも注意が必要です。妊娠期にビタミンAを規定量以上摂取すると赤ちゃんが奇形になる可能性があるそうです。

その他マグロや金目鯛など水銀を多く含む魚介類も気を付けましょう。詳しい解説は厚生労働省のHPで紹介されているので参考にしてみてくださいね。

nstg03 (1)

 

妊婦さんが積極的に摂りたい食材

赤ちゃんを健やかに育てることに大切なのはバランスの良い食事を摂ることです。とは言っても毎回の食事をしっかりと・・・と言うのはなかなか大変ですよね。

そういうときは1日の中で帳尻が合うようにすれば大丈夫です。

妊娠中特に積極的に摂りたい栄養素に鉄分、葉酸、ビタミン、カルシウムがありますがこれは野菜に多く含まれる栄養素です。

nstg04 (1)

しかし、毎回たっぷりの野菜を摂取するのは一苦労ですよね。例えば朝あまり野菜を摂れなかったときは昼と夜で帳尻を合わせればいいんです。

 

妊娠中の食事で気になる食事ですが、一番大切なのは神経質になりすぎずストレスの少ないマタニティー生活を送ることです。そうすることで赤ちゃんにもママ自身にも快適な生活が送ることができます。

Sponsored Links
コメント0
CATEGORY :
TAG :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

YOU MIGHT ALSO LIKE