お正月が終わると、その学年1年間の締めくくりの3学期!3学期は短い上に行事も案外あったりして意外と気が抜けない時期でもありますよね。

そして卒園、卒業を控えたお子さんをお持ちのご家庭には「卒園式」「卒業式」が待ってます!

 

さてこの最後の門出を祝う大切な席、パパはスーツで問題ないですが母親は一体どのような服装を考えておくのがいいのでしょう?

Sponsored Links

 

近頃の卒業式はどんな服装が母親の定番?

dress-mother-graduation-ceremony01

んー10年以上前であれば、和装もママも結構多かったのではないでしょうか?

私が子供の頃は卒園卒業式の写真には、着物を着たママも結構写っていたように記憶していますが、近頃の定番はやはり洋装、つまり「スーツ、ワンピース」が圧倒的に大多数を占めているようです。

 

和装が日本人としては正装

・・・なのですが、やはり着物は着付けを含む準備が大変です。着つけや髪を整える事が自分で出来、また慣れている方であれば問題もないのかもしれませんが、無理に着物を着る必要はありません。

 

ただし、着物を考えている方であれば

  • 色無地の着物に一つ紋、または三つ紋が入ったもの、そして着物の色に合わせた色の羽織
  • 色無地はサーモンピンク、グレー、紫、ブルー系の、控えめな色調の色無地
  • ブルー、グレー、紫、ベージュイエローといった色の付け下げ、訪問着
  • 小紋であれば、柄は地味なものを

このような点に注意して選んでいただくとよいかと思います。

 

スーツ、ワンピース

やはり近頃の定番はスーツ、ワンピースでしょう。魅力の最大点はやはり「機能性」。

着つけもなく準備が簡単、そして着回しもアレンジ次第でいくらでも出来ます。卒業式と入学式の洋服をミックスしてアレンジされる方もいらっしゃいます。

 

また、コサージュやネックレスを付けるだけでイメージもグンと変わってきますので、色目が重たくなってしまうときには指し色で調整するといいでしょう。スーツの場合は、ブラウスの色を明るくするとまた一気に雰囲気も変化しますよ。

 

学校や地域によっては、親御さんの服装をある程度統一している場合もあるようです。特に注意すべきは着物です。卒園生や卒業生のママたちに少し地域や学校の傾向を伺っておくのも一案かもしれません。

 

服装の色合いは「巣立ち」と「別れ」を意識して

dress-mother-graduation-ceremony02

そう、「卒園式」「卒業式」はお子さんたちの晴れの舞台なのです。そしてこの日を境に通い慣れた園や学校からのお別れ・・・、そんなおセンチな気持ちなのです。

 

その2つの点をよく考えて、ママとしては

  1. 子供がメイン、ママは控えめに
  2. 式の内容を意識した控えめな色使い

 

これらをよく踏まえた色を選びましょう。そうなると必然的に 黒、グレー、紺 などになるかと思います。もちろんこれらの色でも問題は全くありませんが、重くなりすぎることも考えられますので、その際には先ほど少しお話したような、ブラウス、コサージュ、ネックレスなどで色合いを和らげることもできます。

 

学校によっては、「スーツの場合は黒で統一」などと色の指定もある事もあるようです。和装、洋装のいづれかを選択する際にも「事前にリサーチを」とお話しましたが、色でも指定があるかもしれないとは・・・世の中、統一性を重んじる風潮になってきているのでしょうか。

 

ちなみに、最近の最も多い服装は「黒のパンツスーツ」とのこと。3月はまだまだ寒い時期、スカートよりもパンツの方が温かいと言うのも一理あるようです。

Sponsored Links

母向けにスーツや和服のレンタルも一案!

「毎回毎回1度や2度くらいしか着ないようなスーツにお金をかけていられない!」とおっしゃる方も多いのではないでしょうか。

正直私もそのクチです(笑)

 

しかし、そんなみなさんに朗報!最近では、入学式、卒業式に「レンタル」を利用するママも増えてきているようなのです。実際に数万円するようなスーツを、2泊3日くらいで数千円、この方がはるかに節約出来るし数年前に買ったスーツを引っ張り出してきて「・・・形が古い」「・・・入らない」などもありませんし。

私が最近利用しているのが、コチラです。予約は早めにするのがオススメですよ。

さいごに

いかがでしたか?お子さんの晴れ舞台、そして「ここまでよく頑張りました」の気持ちでいっぱいの感動の瞬間。ママたちにとっても、一区切りの大切な卒業式です。

 

「ご卒園ご卒業、本当におめでとうございます」

 

是非とも最後の晴れ舞台を、おしゃれでステキなママで参加してあげてくださいね。

 

最後に1つ。スリッパや記念品を入れるようなサブバックなど、お忘れ物がないように!それとハンカチも(笑)

Sponsored Links