冬になると避けては通れない『お肌の乾燥』。乾燥するとかゆくて、かゆくて、ついついボリボリとかいてしまいますよね。まぁ、暖房のせいもあって体が温かくなると余計にかゆくなるんです。わかります。

僕なんかは、特に背中がかゆくなってしまうんです。恐らく原因は『背中の乾燥』なので今回は、背中の「かゆみ」「乾燥」のトラブルの原因を解説していきます。

今回のもくじはこんな感じです。

背中の乾燥とかゆみの原因

日本の冬は乾燥しているので、肌が乾燥になりがちなのはわかります。でも、同じ環境にいても乾燥する人、かゆくなる人とそうじゃない人がいます。そう、原因は肌の構造と個人差にあるんです。

そもそも肌は敏感!

そもそも肌っていうのは乾燥が苦手です。それに、敏感に出来ています。乾燥と刺激が苦手なものですから、皮脂の膜が肌をガードしてくれているんですね。このガードが強いか、弱いか、厚いか、薄いかによって肌への刺激が変わってきます。

イメージは冬の海に入る人が着るウエットスーツのような感じですね。あれを着ることによって、冬の海の冷たさが軽減できるじゃないですか。まぁ、私は着たことがないですが。笑

ウエットスーツも、ものによって性能が違うように、人の皮脂膜の性能も個人差があります。この差によって乾燥肌の人とそうじゃない人の違いが出てくるんす。

肌が乾燥すると直接刺激を受けてかゆみが出てくる

先程の、肌を守っている皮脂膜のガードが破られると刺激が直接肌に伝わるためかゆくなります。厳密に言うと、刺激を受けた肌がかゆみを伝える物質を出してSOSを求めているわけなんですね。

せっかくSOS信号を出してくれているわけですから、更に刺激を与えるのではなく、しっかりと助け(ケア)をしてあげなければいけないです。間違ってもボリボリと書かないでくださいね。

特に背中は乾燥しやすいのか?

では、背中は手や足、顔などと比べて乾燥しやすいのでしょうか?

答えは
「YES」です。

さきほどお話しをした、肌を守ってくれる「皮脂膜」と関係してきます。皮脂膜を常に正常に保っておくには当然皮脂が必要になります。

カレーライスを作るのに、材料がないと作れないのと同じで、皮脂膜も膜の材料がないとつくられません。では、その膜の材料はどこからくるのでしょうか?

皮脂腺が運んできます。

皮脂腺が常に、皮脂膜を作るのに必要な材料を運んできてくれるので皮脂膜を作れるようになるんですね。

背中は皮脂線が少ない

背中の乾燥を防ぐためには、当然皮脂膜が必要なんですが、そもそも背中は皮脂腺が少ないです。つまり、皮脂膜が作られる環境が他の部位よりも整ってない=背中は乾燥しやすい場所ということになります。

また、背中は「服」「髪の毛」なども触れ易く、擦れやすい場所なので刺激も多く受ける部位です。背中は、ただでさえケアがしにくい部位ですが、乾燥しやすい環境にもあるんですね。

こんな厳しい環境です。背中が乾燥しかゆくなるのもご理解いただけたでしょうか!?

 

背中の乾燥対策は?

1499bc996b5495612b9ab88bc87b8bfc_s

ここまで、背中の乾燥の原因をお話しいたしました。ここからは、背中が乾燥しない為のワンポイントアドバイスをしていきますね。

背中が乾燥しない為に

1:しっかりと保湿しましょう。

これはあたりまえですが、一番大切なことです。塗るクリームは手や足などに塗る保湿剤と一緒でよいです。問題は背中にクリームが塗りにくい。これです。一番念入りに塗りたい背中が一番塗りにくいという現実。

がんばって、毎日自分で塗るのももちろんOKですが。一緒に住んでいる家族にでもお願いしてみてください。一人暮らしのあなたにはこんな商品もあります。これなら、自分一人でも背中の保湿が可能になってきます。

 

2:肌にやさしい石鹸を使おう!

肌は皮脂膜によって守られています。刺激の強い石鹸やボディーソープなんかを使ってしまうと、流したくない皮脂膜まで流してしまいます。これでは、どんなに気を使ってもしかたがありません。せめて冬くらいは、乾燥肌ようの石鹸を使ってくださいね。

 

 

3:背中にやさしい生地を着る

これも大切です。うん。

肌に良いとされる綿系の服がよいのです。ポリエステルなどの化学繊維系の服は肌に刺激を与えてしまう可能性が高い生地です。一日中触れているものなので、気を付けてくださいね。

Sponsored Links

背中が乾燥してかゆくなったらの対策

どんなに配慮していても、背中が乾燥しかゆくなる時期は来るでしょう。その場合の対策をお話ししていきますね。

1:かゆみ止めクリームを塗ろう

出来れば、保湿成分が配合されているものが良いですね。かゆみ止めには、麻酔とまではいきませんが、麻痺をさせれる成分が入っております。寝ている時なども無意識でかいてしまわないようにしましょう。

また一部のかゆみ止めにはステロイドが入っている場合があります。ご妊娠をされている方には不向きなモノもありますので、心配な方はしっかりと薬局で説明を受けてください。

2:暑すぎお風呂&シャワーはNG

お風呂は熱い方が良い!って方もいるかもしれませんね。ですが、冬の弱ったお肌は刺激がNGです。また、体を洗うときも、ゴシゴシとあまり力を入れて洗わないようにしましょう、大切な油分を失ってしまいます。お風呂上りはすぐに水分をふき取ってあげましょう。自然乾燥は肌がかゆくなる原因の一つですので避けてください。

3:酷い場合は、病院にいきましょう。

我慢は絶対にNGです。背中の乾燥&かゆみが酷くなると、寝ている間にかいてしまいボロボロになってしまいます。そうなってしまうと、もう大変です。小さなことかもしれませんが、気をつけてケアしましょう。

背中の乾燥&かゆみのまとめ

e1b37a7168011854dc28d224533890a4_s

ここまで、背中の乾燥についてお話しをさせていただきました。いかがでしたか!?

ここで勘違いして欲しくないのは、一般的な肌への配慮は出来ているという前提です。具体的に言うと、お食事や睡眠時間、ストレスのお話しなどなど。この辺りは当たり前ですので忘れないでくださいね。

個人的には、食事が一番大切だと思うので機会があれば書きますね。やっぱり、腸内環境が大切かなぁって思うんですよね。僕も肌は強い方ではない、というか弱い方なので。

意外と奥が深い背中の乾燥トラブル。しっかりとケアをしてあげていつまでも美しい背中を保ってくださいね。

Sponsored Links