感謝を伝え幸せをおすそわけ!

結婚式内祝いに添えるメッセージの書き方

 

 結婚式の内祝いは、お祝いをいただいた方への「お返し」

結婚式や披露宴にお招きできなかった方への「祝ってくれたお礼」として贈る物。

結婚式後1ヶ月以内におくることがマナーとされています。

 

ただ品物をおくるだけでは気持ちが伝わりませんので、

必ずメッセージを添えるようにしましょう。

 

感謝の気持ちと、幸せに過ごしていることを伝えことができる、

結婚式の内祝いメッセージの文例をご紹介します。

 

 

結婚式の内祝いお礼状は何に書けば良い?

thank-you-515514_1280

 内祝のお礼状は普通の手紙とは違います。

お祝いをいただいたことに関しての感謝を伝えるものであるため、

格式のある便箋と封筒を使うことが望ましいでしょう。

 

はがきよりは手紙のようが良いでしょう。

基本的には白無地の便箋と揃いの封筒を使い、

封筒は二重のものを選びます。

 

二重封筒は最も格式のある封筒で、

それを使うときは「中に大切な内容が書かれています」という意味を持ちます。

 

重なっているためお悔やみごとには使われません。

もしわからない場合は、文具屋の店員に聞いてみましょう。

 

お礼状に使うという用途を話せば、

それに合う便箋と封筒を選んでくれるはずです。

 

 

結婚式の内祝いお相手別お礼状のメッセージ

 bsELL96_hanatotegamitate132610

本来内祝とお礼状は、

本来相手の自宅を訪ねて直接わすたことが良しとされています。

 

しかし現在は便宜上配送することが多くなっています。

お礼状は贈り物に添えておくればいいのですが、

デパートから直接おくることも多く、

その場合は別途でお礼状をおくることになります。

 

「数日後お礼の品が届きます」

ということをお礼状で前もって知らせることも一つの方法です。

 

なお、

お祝いやお礼状などは「区切りや終止をつけない」という意味から句読点は使いません。

 

「繰り返しことば」や「忌みことば」などにも気をつけたいですね。

 

全体の流れは挨拶から始まりお礼と報告、

そして近況、最後にお願いとなります。

 

目上の方は最も格式のあるお礼を、

親戚の方はそれより少しくだけた感じを、

職場の同僚には礼を尽くしながらも少しカジュアルさを出した感じでまとめてみました。

 

Sponsored Links

①目上の方へのお礼状メッセージ

 

謹啓 

新緑の候 ○○様におかれましてはご清祥のこととお喜び申し上げます

この度は私どもの結婚に際しまして過分なお祝いを賜りまことにありがとうございました

ささやかではございますが内祝のしるしに心ばかりの品をお贈りいたします 

お納めいただけますと幸いに存じます

今後は頂戴したお言葉を胸に 夫婦力を合わせて明るい家庭を築いていく所存です

未熟な二人ではございますが 末永くご指導ご鞭撻のほどお願い申し上げます

本来ならばお伺いしお礼を申し上げるところではございますが

まずは略儀ながら書中にてお礼申し上げます 敬白

 

②親戚へのお礼状メッセージ

 

拝啓 

初夏の風が心地よい季節となりましたが みなさまいかがお過ごしでしょうか

このたびは二人の結婚に際し 心のこもったお祝いの品をいただきありがとうございました

ささやかですが内祝のしるしに心ばかりの品をお贈りいたします

いただいた○○は新婚生活に楽しく役立てております

これからは力を合わせて笑いの絶えない家庭を築いていきたいと思っております

近くへお寄りの際は是非お立ち寄りください

今後ともどうぞよろしくお願いいたします

末筆ながら みなさまのご健康をお祈り申し上げます 敬具

 

③職場の同僚へのお礼状メッセージ

 

暑い日が続いていますがお元気ですか?

素敵なお祝いをありがとうございました

今後は仕事と家事の両立を頑張っていきたいと思っています

是非新居にも遊びに来てください

これからもどうぞよろしくお願いします

 

 

メッセージには、新居の住所と名前も忘れないで

 忘れがちですが、

最後に新居の住所と名前も忘れないようにしましょう。

電話番号を添えておくと、

相手方もいただいたという連絡をしやすいのでよいかと思います。

 

名前で気をつけたいのは女性の旧姓も明記するということ。

姓がかわって誰かわからないということにならないためです。

内祝のお礼を丁寧に書くことで、たくさんの方たちに見守ってもらえる、

そんな結婚生活をおくることができるでしょう。

 

今回は、意外に気を抜いてしまう

結婚式の内祝いメッセージについて、でした。

最後までご覧頂きありがとうございます。

 

 

 

 

Sponsored Links