海を渡った外国でも、「節約」と言う言葉に敏感に反応する主婦はきっと多いはず。

いえ、
海外の場合は主婦というより「個人」での取り組みだったり「家族」だったり

私達日本人よりも、もっとひとりひとりの意識や意志がしっかりしているように思います。

特にドイツでの節約術はなかなか興味深いものです。

その中でちょっと面白い節約術をいくつか紹介していきましょう。

 

海外の人は生活の一部が既に節約?!

ドイツ人の国民性なのか家族からの継承なのか・・・

国を挙げての節約を積極的に取り入れている様子が伺えました。

例えば、ドイツは大学もすべて国公立だそう。

また予備校に通うような事もあまり聞かれないそうなので、塾の費用も発生しない

と言う事になりますね。

また日曜日はどのお店が閉店しているので、

買い物が出来ない=出費がない!

という訳です。

これなら随分節約につながりそうだと思いませんか?

 

ドイツのオモシロ節約術

「これはちょっと斬新!」

だったり、当たり前なんだけど

「なるほど!」な節約方法を選んでみました。

 

みなさんも今日から参考に出来るものばかりです(笑)

 

空腹時に買い物に行かない

これ、納得です。

空腹時に買い物に行くと、ついどれもこれもおいしそうに見えてしまい結果、

あれこれ余計なものを買ってしまいムダ遣いになっているってこと、ありませんか?

 

ドイツでは、空腹時に買い物に行く場合はクッキーなどをかじって小腹を満たしてから出掛けるそうです。

 

交通費は徹底的に浮かす

日本でも誰もが浮かそうとする意識はあります。

しかし、そんなもんじゃぁございません!

出来る事なら徒歩

ちょっと厳しいようなら自転車で使い分けているケースが多いようです。

ちなみに大気汚染にも強い関心を持っているお国柄なので、

電車やバスもあまり好んでは使わないそうです・・・

ダイエットにもそさそう(笑)

Foreign-countries_002

割り勘主義

デートであっても職場関係であっても、何でも割り勘でお支払い。

と言うよりも、

「割り勘」の定義がドイツではなされていないようです・・・

 

プレゼント、レジャーにお金は不要?

先ほど少し触れたのですがドイツ人は「大気汚染への興味」が高いようですが、

そもそもは「環境問題に非常に興味が高い」国民のようなのです。

 

ゆえにレジャーは公園の散歩、ウォーキングなどを楽しむ方たちも非常に多いとのこと。

自然との共存を大切にしているのでしょう、確かにお金も必要ないし。

また簡易包装でさえも好まないので、自宅でプレゼントを作って

それを可愛くデコレーションしたり・・・

工夫を施しながらお金を掛けないのが一般的にも多いようです。

Sponsored Links

ジョッキビール1杯で2時間はイケる

これはスゴイ!って思いませんか?!

これが日本だったら・・・

まずあり得ないでしょうし、

お店からも追い出されちゃうのではないかと心配になりますよね(笑)

 

しかしドイツではみんなこんな感じなんだそうです。

その前に「ビールの気が飛んじゃって美味しくなくなるんじゃない?」とも思いませんでしたか?

 

実はこれ、ドイツのビールジョッキに銀の蓋がついているの、ご存じですか?

あの蓋をする事によって、ビールの泡や気が飛ぶのを遅らせる効果があるそうなのです・・・

 

考えるものですね。

 

ドイツ人の哲学

今回5つの面白い節約術を紹介しましたが、

ドイツ人の国民性を垣間見たような気がします。

 

・節約には結果的に結びついているだけで、実際はシンプルライフを楽しんでいる

・贅沢を好まず、つつましく且つ手に届く身の丈で生活を楽しんでいる

この2点を強く感じました。

 

さいごに

いかがでしたか?

シンプルな生活を心掛ければおのずと節約にも繋がってくる、ドイツ式節約術。

また、楽しい事をお金を掛けずに実践しているところは、見習うべきところではないでしょうか。

みなさんも今日から少しずつ試してみてはいかがですか?

どうかみなさんも節約につながる結果が出ますように!!

 

 

Sponsored Links