知って得する!節約する! 1人暮らしのプロパンガス生活!
生活の中でも重要度が高い「ガス」。現在は選択肢として「都市ガス、オール電化、プロパンガス」この3つに絞られると思います。

その中でも非常に奥が深い「プロパンガス」のあれこれ。実際に1人暮らしの生活を参考にしながらプロパンガスの節約方法を掘下げていきましょう!

 

1人暮らしではシャワー派が多い!

1人暮らし、とはいえ、正直住んでいる地域、生活の流れなどにより差がとても大きいようです。

ただ1つ言えるのは、「1人暮らしの人はシャワーで済ます」ケースが多いらしく、そうなると必然的にたくさんのお湯を一気に沸かす事が少なくなるのでガス代は少なくなる傾向のようです。

あなたは、お風呂をためてませんか?冬場はしかたないかもしれませんが、我慢できる時期は極力シャワーの方が節約になるようですね。

gas-prices-saving-living-alone02

お湯を貯めたり追い炊きがガス代が高い要因?!

プロパンガス利用の中での給湯器の使用率はどれくらいだと思いますか?

実際にリサーチの結果、「約7割」を占めているそうなのです。その中でも、お湯の焚き上げは時間がかかります。

最初にお風呂に入るためにお湯を焚く、その後追い炊きをして誰かが入る、それだけで結構なガスの利用になっている訳です。

なので見方を変えれば、キッチンでもお湯をたくさん使っている場合はかなりガスを消費していることにもなりますね。

そう考えると、節約方法として

  • 給湯器の利用は最小限にする
  • 電気に頼れるところは電気を使う
  • お湯の温度は若干下げると節約に繋がる

ということになりますね。

 

1人暮らしの平均は5-10m³の使用量

使い方にも大きく差が出るようですが、全てをプロパンガスで賄った場合、1人暮らしの平均は5~10m³の使用量との統計が出ているようです。

しかし、例えば給湯器だけプロパン、その他冷暖房器具や調理器具は電気、または灯油を使うなど、完全に用途を分けている場合は、使い方によって1.5m³程度で収まることもあるようです。

 

 

 

Sponsored Links

 

 

 

自由競争により、価格がまちまち

gas-prices-saving-living-alone03

プロパンガスは公共料金ではありません。みなさんご存知でしたか?・・・私、知りませんでした(笑)

実はプロパンガスは都市ガスや電力会社と違い、各プロパンガス供給会社で価格を自由に設定できる仕組みになっているのです。

なので購入店により差が出たり、地方によって価格が違ったりなど、様々な金額設定が設けられているのが現状なのです。

特に賃貸の大家さんなんかは、昔からのつながりでガス会社さんを選んでいることが多い為、価格が高いガス会社さんに頼んでいる場合もあります。大家さんは、自分がガス代を払うわけではないのであまり気にしない事が多いようです。

 

プロパンガスの大都市での価格帯

価格競争が激しく、地方に比べ単価が低いというのが特徴です。

基本料金

  • 集合住宅⇒ およそ1,700円
  • 戸建て ⇒ およそ1,500~1,600円

 

単価(1m³あたり)

  • 集合住宅⇒ 300~450円相場 
  • 戸建て ⇒ 300~400円相場

※現在は石油価格が安いため260円くらいのところもあります。

 

地方都市での価格帯

都市部に比べ、価格設定がどれも高め

 

基本料金

  • 1,800円前後

 

単価(1m³あたり)

  • 400~450円相場

 

ここから見ても分かる通り、地方の価格は若干高めです。この背景には、特に寒い地方に言える事として

  1. 価格自由料金
  2. 冬はガスを多く使う—外気が寒いためお湯を温めるまでに時間がかかる

 

このような要因があり、あえて高く設定をされてしまっている実情もあるようです、自由競争のマイナス点ではありますね。

 

なんでこんなにプロパンガスって高い?

hyperpnea-panicdisorder

自由料金制度が理由の大半を占めているように思います。

公共料金ではないので、プロパンガス供給会社は会社の言い分と利用者の言い値で大抵合意してしまっているようなところも少なからずあり、それが今に至っているようです。

しかし、特に多いのが地方都市のようですが、近隣のプロパンガス会社が結託して、ある一定の価格を維持するケースも多くみられるとのこと。

これは背景に「顧客を取り合わない」と言う流れが敷かれており、独り勝ちしないでいく紳士協定のようなものなのではないか、とも考えられます。

 

ちなみに自由料金なので取り決めがなく、何か問題があっても口出しできる立場の人がいないのも問題点でもあります。

もちろん消費者相談センターやプロパンガス協会が仲裁に入ってくれますが、基本的には注意勧告までしか出来ない、という現状もあるのでプロパンガス供給会社を選ぶ際にはしっかりとした下調べも必要ですね。

 

一人暮らしのプロパンガスの節約術まとめ

いかがでしたか?最後は少し脱線気味になってしまいました。実際に使ってみないと分からないプロパンガス。正直、私も今回初めて色々と知ることになりました。

プロパンガスも資源あってのものです。現在は原油価格が落ち着いているので若干安値で取引されているとの話もありました。と言うことは?この先、価格が上がってくることも考えられます。

みなさん、大切な資源です。無駄なく賢く使いましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
この下にあなたへ、おススメの記事を準備しておりますので読んでみてください。

Sponsored Links