お正月が終わったかと思ったら、今度はもう「ゴールデンウイーク」の話題!なんだか考えるだけでも気忙しくなってきます(笑)

毎年連休の日数で喜んだりため息をついたり・・・と気持ちをヤキモキさせてくれるのがこのゴールデンウイークの特徴!さて今年はどんなお休みが過ごせるのでしょう?

 

みなさんも今からカレンダーをお手元に用意して、一緒に調べていきましょう!

 

2016年はちょっと飛び石ゴールデンウイーク

駆け抜けるように2015年も終わり、気がつけば2016年。時の経つのは本当に早いものですね。

冬休みが終わり新学期を迎えると少しずつ気になり始めるのが「ゴールデンウイーク(GW)の予定」。さて、今年はどんな連休なのでしょう。

 

まずカレンダー的にはいつから、いつまでなのか見てみましょう。

 

  • 4月29日(金)昭和の日
  • 4月30日(土)
  • 5月 1日(日)

 

  • 5月 3日(火)憲法記念日
  • 5月 4日(水)みどりの日
  • 5月 5日(木)こどもの日

 

  • 5月 7日(土)
  • 5月 8日(日)

 

このようないわゆる飛び石連休です。しかし、職場の許可があれば、5月2日(月)と5月6日(金)をお休みにしてしまい、そうすると10日の連休となります。

 

Sponsored Links

 

GWの最短は3日ずつの連休と締めが週末の2日

一般的な企業にお勤めの場合は、仕事に支障がないようであればお休みを取って連休にすることも可能ではあるかと思います。

しかし現実にはまさに「カレンダー通り」のお仕事体系の方もいらっしゃると思います。

 

例えば・・・公務員の教師、役所関係者、医療関係者など。他にも金融関係者など。

世間が連休にして10日お休みを取っても、飛び石の平日にあたる日に銀行や病院も学校も役所も通常通りやってます。

 

もちろんシフトの関係、その他の理由により融通が利く場合もこれらの職種のみなさんの中でもいるかもしれませんが、一般的には、の、お話として。

 

2016年ゴールデンウイークの最長は10日間以上!

無理せず連休を、と考えると「4月29日から5月8日の10日間」が最長ではないでしょうか。もちろんその上を行く「4月24日から5月8日の15日間」と言うのもまったくなくはないかもしれません。

 

若干現実的に考える難しいのかな?と。よく考えてみましょう、1か月のうち半分GWでお休みってことですから(笑)

しかしいづれのパターンの連休にしても一般企業のお勤めの場合は、職場でのオリジナルの連休スケジュールを作成されている場合があります。

会社によっては、若い社員たち、小さな子供を持つパパなどには優先的に連休が取れるような配慮のある企業もあるようです。

公務員のみなさんに比べると、その辺りの調整にも柔軟さがあるのが手に取れます。

 

ゴールデンウイークの帰省ラッシュは?

gw-2016-what-time01

もちろん連休が長くなれば連休後半の2日くらいに集中するでしょう。やはり夢の中には少しでも長く留まりたい・・・と思うもの。

 

ですので連休バージョンの10日もしくは15日間の場合は、「5月5日夕刻〜5月8日夕刻くらいの間」がピークになるのではないでしょうか。

翌日片付けや余韻に浸るための時間を残し仕事に戻るか、または夢の時間からすぐに切り替えて出勤再開前日ギリギリまで満喫するか。

この2択、さてみなさんだったらどちらを選択すると思いますか?

 

GW(ゴールデンウィーク)の新幹線や飛行機のチケット予約はいつ頃までに?

gw-2016-what-time02

逆に言うとGW向けのチケット販売開始はお正月モードがまだ残る1月からじわじわ始まります。それも早い旅行代理店だと1月1週目から掲載を開始するところもあるそうです。

 

実際に1月1週目、2週目から連休向けのリサーチを開始する人も出始めるので、1月頭の販売開始でも早すぎる事はないようですね。ただ数は多くはありません。

 

なのでこまめに早めからチェックを怠らず、そしてそろそろ出そろう1月末頃〜2月中旬くらいにはある程度目星を付けておくと、そこそこ自分の希望に沿う条件のチケット予約が完了出来る可能性が強くなります。

 

また、3月下旬辺りに差し掛かると完売に近くなり席数が減り、希望に沿う条件はないに等しくなりつつあります。

またチケット代そのものにもキャンセル料が発生してくるので、チケットの動きも固まってきます。そう考えるとチケット予約は遅くとも、この「3月下旬くらいまでには」と言う結論になると思われます。

 

さいごに

いかがでしたか?せっかくの連休ですから、ちょっと現実からの逃避行を考えたくなったりもしますよね。

私も独身時代はよくそうしていました、連休最長にして。しかし。あれ?今これって大人目線だったよね?

 

大人は10連休にでも15連休にもしようと思えば出来るけれど、学校に通うお子さんを持つご家庭の場合はよくよく考えたらお休みできないではないですかー。

そう、先生が連休に出来ないのと同じで生徒もお休み、難しいです。せいぜい義務教育始まってない園児をお持ちのご家庭までですね、こりゃ。

 

・・・最後にはちょっぴりがっかりな結末になってしまいましたが(笑)、みなさん、せっかくの連休です。可能な限り楽しんで、たくさん笑ってたくさんの思い出を今年も作り上げてくださいね!

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

Sponsored Links