車を所有している方はご存知かと思いますが、毎年5月ごろに郵送されてくるのが自動車税納税納付書です。

この税金は4月1日時点で車の所有者に送られてきます。この納税納付書は、車検にも必要になるのです。『いざ、車検の時に納税証明書がない!?』なんてことはありませんか?

  • 紛失した場合はどうすれば良いのでしょう?
  • 納税証明書なしで車検は受けれないのか?

などを紹介していきたいと思います。

軽自動車の車検で納税証明書は必要

150829352685_TP_V

自動車税納税証明書はとても大切なもので、名義変更や車検等の時に必ず必要があります。車検の時に、納税証明書のことを思い出します。

納税証明書を紛失してしまった、なんて事もある方も多いはずです。当然軽自動車の車検時にも軽自動車税証明書が必要になります。

 

紛失してしまった場合でも、ちゃんと税を納付してあれば、車検をお願いしている工場に納税証明書を紛失したと伝えると、他の書類とどうように取り寄せる事ができます。

車検時には所有者の方が持っていなくても車検工場で取り寄せてくれる可能性は高いです。軽自動車の場合は市町村役場で発行されているので、紛失の場合は再発行しますので多少時間がかかる場合もあるので注意が必要になります。

Sponsored Links

納税証明書を紛失してしまった場合

軽自動車の場合自動車税納税証明書は、市町村役場の納税課が行っています。

基本的に納税証明書の再発行手数料は無料になっていますが、市町村役場によっては手数料が発生する可能性もあるので、役所に聞いておくことが望ましいです。

また車検以外で納税証明書が必要な場合は手数料が必要になります。

再発行に必要な申請書類は、

  • 軽自動車納税証明書交付申請書
  • 納税通知書
  • 車検証
  • 身元確認書(免許証等)

です。これらを納税課窓口に提出します。

自動車税がちゃんと納付してあれば、基本的に納税証明書は即時発行されますが、税金納付の遅延や滞納がある場合は、税金を納めなければ交付されません。

Sponsored Links

車検まで間に合わない場合はどうすればよいの?

PAK86_koutuujyuutai20130815_TP_V

さきほども書きましたが、ちゃんと税金を納めていれば役所に履歴がありますので問題はありません。

納税証明書がない場合は、車検をお願いしているディーラーや自動車整備工場にその旨を伝えておけば、車検時に必要な書類と同時に再発行手続きをしてもらえます。

しかし、なるべくは車検担当者の方の仕事を増やさない為にも納税証明書は紛失しないようにしましょう。

まとめ

車検時に必要な納税証明書ですが、車の車検時期が納税した日とかけ離れている場合に納税証明書を紛失しまうケースが多くなります。

納税してしまうとその用紙は控えとして保管するのですが、どうしても長期間保管となるとどこに置いたかどこに入れたかが分からなくなってしまいます。

そうならない為にも、自分なりの保管方法を作る必要があると感じます。車検証の袋に入れておくのが一番だと思います。

【ユーザー車検】 陸運局の車検に行こう 【素人でも簡単】

 

Sponsored Links