風邪をひくと

  • 鼻水
  • 喉が痛い

という代表的な症状以外に

  • 吐き気がしたり
  • 腹痛がしたり
  • 頭痛がしたり
  • 体がだるかったり
  • 関節の節々が痛かったり

と様々な症状を引き起こすことがあります。その中でも風邪をひいたときに頭痛になる方が特に多いようです。風邪の時に頭痛がするのは体内でどんなことが起きているのでしょうか。また、風邪は治ってきたけど頭痛が長引いているという方、その頭痛はもしかしたら風邪だけが原因ではないのかもしれません。今回は風邪をひいたときに起きる頭痛の原因や対処法をレポートしていきます。

Sponsored Links

風邪を引いてから頭痛が治らない…

風邪はウイルスが鼻やのどに侵入した時に起こります。その代表的な症状が咳や鼻水です。体が咳や鼻水の原因となるウイルスを外に出そうとしてこのような症状が出るのです。

熱が出るのも、そのウイルスから身を守るための体の反応です。これらは比較的わかりやすいかと思いますが、なぜ風邪をひいたときに頭痛もするのでしょうか?

 

風邪の時の頭痛で一番多いのは、ズキズキと脈を打つような痛みです。これはウイルスから身を守るため白血球を増やして活性化し血液の流れを良くしようとします。

その時に血管が膨張するのですが、それが血管周りの神経を刺激して痛みが生じるというわけです。風邪で頭が痛くなると、「ウイルスが頭の中に侵入したのかな!?」なんて心配になりますが、実はこういったメカニズムで頭痛が起きているのです。

 

そして、風邪をひいたときに頭痛になりやすい人の共通点があります。それは、

  • 偏頭痛になりやすい人
  • 普段から首や肩周りの筋肉がこっている人

このどちらかにあてはまる人に多いです。もともと偏頭痛になりやすい人は他の人に比べて、ストレスや体の変化によって影響を受けやすくなるからです。また、肩や首回りの筋肉が普段からこっている人は、首肩周りの血行が悪くなっています。

普段から血行が悪いのに、風邪をひくと血液が働きを活発にしようと流れをよくしようとするので、いきなり血行がいつもと変わってきて頭痛につながってしまいます。

 

このように、風邪をひいたときに頭痛が起きてしまうのはよくあること。ですが風邪が治っても頭痛が治まらないのには他の原因が考えられます。

頭痛を治すいい方法はない?

bsEL15051158

  • まずは風邪を治すことに専念

頭痛が辛くて頭痛薬を飲むよりは、その頭痛の原因である風邪を治すことに専念します。くれぐれもお薬の併用はしないでください。薬の効果がなくなったり副作用が出るので危険です。

  • 痛むところを濡れたタオルで冷やす

先程書いたように、血管が膨張して周りの神経を刺激することで頭痛はおきます。なのでその血管の膨張を落ち着かせてあげることで痛みを和らげます。ただし、急に冷やし過ぎないように気を付けてください。体温より少し低め位が丁度良いです。

  • 頭痛を和らげる香りを取り入れる

アロマテラピーになりますが、香りの効果は偉大です。特にお勧めはラベンダー。気持ちを落ち着かせてくれるだけでなく、鎮痛効果もあります。

アロマオイルを1~2滴たらしたティッシュを傍に置いておくだけで、頭痛が気になって眠れなかった時も寝やすくなります。

Sponsored Links

  • 普段から首や肩周りの血行を良くしておく

これは肩、首まわりが凝っている人向けの対策になりますが、普段から血流をよくしておけば頭痛になるリスクも減らせます。湯船に浸かってしっかりとあたたまっていますか?

現代人は忙しさゆえにシャワーで済ませがちですが、毎日の積み重ねで体は変わっていきます。湯船につかったり、肩周りをほぐすヨガのポーズをしてみたり、普段から意識していきましょう。

この頭痛、ホントに風邪かな?

not-heal-cold-headache02

風邪は治ったけれど、頭はまだ痛いという時は注意が必要です。風邪をひいている時の頭痛のメカニズムは紹介したとおりです。風邪が治ったのに頭が痛いということは他に何らかの原因があると考えられます。

頭痛は様々な病気の可能性も持っているのでもし風邪が治っても引き続き痛いという場合は、必ず一度病院へ行って相談しましょう。

まとめ

風邪をひいたときにおこる頭痛について今回はレポートしてきました。風邪による頭痛のメカニズムをお伝えしたので、風邪が治ると頭痛もともにおさまっていくことがご理解いただけたかと思います。

ですので、風邪が治っても引き続き頭痛がある場合は風邪ではない他の原因が考えられるので早めに病院で受診するようにしましょう。

 

また、風邪の時に頭痛にならないためにも普段から偏頭痛持ちの方はご自身の原因にあった対処法で偏頭痛が起きないようにケアをしたり、普段首・肩周りがこっている方はそれらのコリをなくすように意識していきましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Links