禁煙するにも簡単な道ってないのかなぁ・・・。きっと、禁煙を考えたことがある方はこう考えたこともあることでしょう。世間でも禁煙は比較的難易度が高い、と言うのが通説。

 

でも本当にそうなのでしょうか?禁断症状がちょっと辛いだけで、期間もそんなに実は長くないんです。禁煙をお考えのみなさんのために、今回は禁断症状のピークについて、そしてその後の緩やかな、ヤマについてお話していこうと思います。

 

禁煙の禁断症状のピークは平均3日目

92f5d4b610fa9c0a291c5c85aabd4324_s

もちろん個人差がありますので、一概に「禁断症状のピークは3日目だよ!」とは言えません。しかし、私がリサーチした結果、やはり多かったのが3日目でした。次いでほぼ同率で2日目。

 

実際問題、私も禁煙経験がある身なのですが、記憶を辿るとやはり一番つらかった時期、ピークに当たる時期は2~3日目だったように思います。

 

「まだ禁煙のやり直しがきくだろうから」

「自分にはやっぱり禁煙なんて無理」

 

などと言う気持ちの隙を狙って禁煙を断念してしまいそうになる時期はこの辺りでしょう。何故なら禁断症状は想像以上に結構なキツさだからです。※個人差が相当あります。でもそこをなんとか!

 

「この一番辛い時期を乗り越えようとしているんだから!」と言う気持ちで乗り切れば、この後は下り坂のように楽になります。

 

 

参考までに

禁煙1日目

  • 肺の復元が始まる
  • 無性にタバコが吸いたい!

 

禁煙

  2~3日目

  • 体内のニコチンが完全に抜け切る
  • 肺の呼吸が少し楽になる
  • 味覚がちょっと変化(食べ物がおいしく感じる)
  • 異様に眠い
  • 禁煙の身には一番辛いピーク

 

 

Sponsored Links

 

禁断症状のピークを越えれば自信にもつながる!

2~3日目のピーク時をめでたく乗り越えたら、次に越えるべくヤマはちょっと先になります。とにかくこの最初の3日の間に過酷なピークは集約されている、そう言われており次に来るのは2~3週間目のヤマ。

 

いわゆる「禁断症状クリアへの仮免試験」のような感覚でしょう。でもこの最初の3日間を乗り切ればこの2~3週目なんて、なんてことはないようですよ。それを乗り越えてしまえば、もう「禁断症状クリアへの卒検試験」しかありません。

 

ただし、正直にここはお話しておきますが、「タバコを吸いたい」と言う願望はまだ捨てきれない自分が存在するようです。ここまでくると、耐え切れる自分も同時にいるのでご心配なく。

 

例えば、飲み会の席、長距離のドライブ、会議の後、仕事中の同僚のタバコの誘い、などなどまだまだ誘惑は多いのが事実。それらを跳ね除ける強さと自信がついている方が非常に多いのが事実です。

ですので自信を持ってください、ちょっとした一瞬の我慢で乗り越えられます。それよりももっともっと辛かった時期を味わっていますので!

d4696eded0ed05ae33198a9f439dc05e_s

さいごに

いかがでしたか?禁煙を決意するだけでも実は、相当な覚悟だったことでしょう。私にも経験があるのでよぉーく分かります。

そしてそれから実践に移す勇気、これが出来れば自分を褒めるだけの価値は十分にあります(笑)最初のピークを乗り切れた感動、そして徐々に消えていくタバコへの執着心。

 

長い目で見れば禁煙は簡単な道のりではありません。途中途中に思い出したかのように湧き上がる「タバコ吸いたい」の思い。もう6年以上になりますが、まだ私にだって時々あります。

でも本気でタバコを差し出されてもそこで「吸いたいか?」と問われたら、答えは「NO」です。

 

もうタバコを吸う自分は想像がつきません。意志の弱い優柔不断な私が出来たのです!みなさんにもきっと成功できます!あまり気を追わずのんびり構えて!禁煙を成功させましょう。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

Sponsored Links