プロパンガスは都市ガスに比べて高くなりがちですよね。寒くなってくると、請求書を出来るだけ見たくない季節です。ですが、そんなことも言ってられないので、プロパンガスで節約する方法を考えていたらポイントはお風呂にあるんじゃないか?ということに気がついたので、あなたにもシェアしたいと思います。

プロパンガスゆえのお風呂事情

ロパンガスを利用しているご家庭にとって、「一番節約できるポイントは?」と考えた時、真っ先に浮かぶのは・・・お風呂ではないでしょうか?

確かにお風呂ってガス代消費していると思うんです。都市ガス利用であっても「お風呂ってガス代掛かるよね・・・」って感じますもの。

さてプロパンガスの話に戻りますが、プロパンガスを利用のご家庭では具体的にどういった方法で節約をしているのでしょう。幾つか実践しやすいアイデアをご紹介したいと思います。

 

プロパンガスのお風呂場は節約にもってこい?

save-propane-gas02

そうなんです。実はお風呂って結構かかってるものなんです。例えば・・・どんなところで無駄な光熱費が掛かると思いますか?

家族で続けて入浴を

お風呂は家族で順番で一気に終わらせる、これは一番効率はいいでしょう。または、パパとお子さんたちが一気に入浴すれば、一人一人が入浴しているよりも少し時間短縮になったりして、最後に入る(であろう)ママの時には何もしないでもまだお湯が温かい!というメリットが!

そうすることによって、追い炊きしないで全員入浴完了!ってな事になるのです。

追い炊きなしでお湯の温度は高めに

恐らくお風呂のガス代で最たる費用を算出してるのは・・・「追い炊き」これだと思います。

追い炊きをしないでお湯の温度を入浴に問題ない程度に保つ方法、それは「最初からお湯の温度を高くしておくこと」。お風呂のお湯自体は確かに熱いので湯船に浸かるのは最初の人は厳しいかもしれませんが、頭や体を洗う際には浴槽のお湯を使い、そしてややお水を足した形で使用すれば問題はないはず。・・・でも湯船に浸かれないのは、ちょっと悲しいかな。

次回のお風呂は入浴の順番や組み合わせを変えるなどして、家族で調整をするのもちょっと楽しいかもしれませんよ。

Sponsored Links

お風呂の水量は胸の所まで

たくさんのお湯を温めるとなると、それなりのガス代が必要になります。でもお湯の量を少なめにするとその分、温めるお湯の量も少なくなる⇒プロパンガスも少し抑えられる、と言うことになりますよね。浸かった時に首まですっぽりの水量ではなく、胸まで程度で十分だと思いませんか?

お風呂のお湯の上に保温シート

量販店などの生活用品売り場のような場所で「保温シート」なるもの入手するとこれがまたいい仕事をするそうなのです!入浴終了したら、湯船にこのシートを被せておく(浮かせておく?)とお湯の温度が下がるのを見事に遅らせてくれるようです。

2~3時間くらいなんとか温度を極端に下げる事はなく、いい仕事をしてくれるすぐれもの。これは私は初めて耳にしたグッズだったのですが、「・・・あれ?これって追い炊きしたくない我が家で使用したらいいんじゃない!」と、気づいたりして(笑)

 

節約の無理はストレスの元!

「どうにかして節約しないとー!」って気持ちが先行してしまって、それがストレスになってしまったら身も蓋もありません。無理して自分を追いこんだり、生活の歯車が狂ってしまうような事があったら台無しなので、その辺はむしろ楽しむように「ゲーム感覚」で!

 

プロパンガスの節約はお風呂の記事まとめ

いかがでしたか?今回は極論ではなく、プロパンガスのご家庭の方々が誰でもすぐに実践できる節約方法をまとめてみました。これからますます気温が下がり、お風呂が身近に感じてくるシーズンです。

そんな時期だからこそ、少し工夫して節約につながるようにお試しいただけたら嬉しく思います。節約関係の記事を他にも沢山書いてますので、チェックしておいてくださいね。

この下に、あなたにオススメの記事をまとめておきました。それでは。

 

Sponsored Links