不快な背中の痛み、それも背中の右側が痛い!なんてことはありませんか?なぜ右側だけ?と不安になってしまいますよね。背中の痛みは筋肉疲労によるもの以外に、怖い内臓疾患が隠れているケースもあります。「たかが背中の痛い」と軽く見ていると手遅れになることも!謎の背中の右側の痛みについて、その原因や対策などをまとめてみました。

考えられる原因

背中の右側の痛みの原因として、考えられるのは以下のものです。

<筋肉疲労によるもの>

体を酷使したりして、単純に筋肉疲労によって背中が痛む場合もあります。もしくは普段の悪い姿勢が原因になっていることも。この場合は数日で放っておいても痛みが解消したり、姿勢を改善することで解決します。

 

<内臓疾患によるもの>

もし痛みが長引くようであれば、筋肉ではなく内臓に問題があるのかもしれません。ただの背中の痛みと思っていたら深刻な病気が隠れているかもしれませんよ。怖いですね。原因として考えられるのは以下の部位です。

肝臓、胆のう、腎臓

 

肝臓は体の悪いものを解毒してくれるフィルターのような臓器です。その肝臓が疲れてきて不調になると、連動して動いている腎臓にも影響が出ることがあります。

これらの臓器に疲れが溜まると右の背中に痛みが出るようです。具体的な病気としては以下のものが挙げられます。

肝炎、肝臓がん、胆石、胆のう炎、胆のうがん、腎臓結石

Sponsored Links

背中の痛み以外にこんな症状が出たら注意!

sore-back01

単純に筋肉が疲れているのか内臓に原因があるのか・・・区別がつきづらいですよね。もし背中の痛み以外に下記のような症状があったら、肝臓や腎臓などに疾患がある可能性があります。心当たりのある方は早めにお医者さんに相談しましょう!

<肝臓に原因がある場合>

黄疸、吐き気、食欲不振、嘔吐、発熱

<胆のうに原因がある場合>

便の色が白っぽい、吐き気、嘔吐、下腹部からわき腹にかけての痛み、下血

 

対策や改善方法

もし背中の痛みの原因が内臓疾患である可能性があるならば、速やかに医療機関に相談しましょう!内臓に異常がなくて、普段の生活習慣や姿勢に原因がある場合は、以下の改善策を試してみましょう。

 

・運動をする

・ストレッチを行う

・姿勢の改善をする

・マッサージをする

・湿布を貼る

 

初めは大した痛みではなくても、放っておくと痛みが慢性化することもあります。生活習慣を見直して痛みが軽いうちに改善することが大切です。

 

背中の痛みに効くストレッチ

最後に、背中の痛みに有効なストレッチをご紹介します。

 

1.腕を前にのばして、腕を交差させる。手のひらを向かい合わせにして指を組む。

2.上記の腕を前に伸ばす。腕の筋肉というよりも肩胛骨まわりの筋肉を動かすことを意識する。

3.背筋を伸ばした状態、胸を張った状態、猫背にした状態で、それぞれ20秒ずつ腕を前にのばす。

 

まとめ

背中の右側が痛いあなたの参考記事として満足いただけましたか?ちょっとした背中の痛みでも、思わぬ内臓疾患が隠れていたり、普段の生活習慣に問題がある場合もあります。日々仕事や家事に忙しいかとは思いますが、体はひとつしかありません!毎日ご自身の体を労って、不調があるようであれば迷わずお医者さんに相談してくださいね。

 

Sponsored Links