タイトル通りの始まりになりますが、「早生まれ」と「遅生まれ」って、何か違いってあるの

でしょうか?

 

小さいお子さんをお持ちだと、よく話題として上がってきますよね。

我が家は子供が2人とも12月と9月で遅生まれなのですが、12月生まれの上の子は、ほぼほぼ、早生まれみたいなものなので何となく一般論が受け入れられるような(笑)

 

では早速、今回は「早生まれ」と「遅生まれ」について、違いや様々な噂に関してお話していきましょう。

 

「早生まれと遅生まれ」って何?

time-to-be-born02

「早生まれ」「遅生まれ」と言う言葉自体はよく耳にもするし、みなさんも口に出したことはあるかと思います。

 

実は私、うっかり勘違いしているところがあったのですがみなさんの中にも私と同じ勘違いをしている方もいるかもしれません。まずは念のための意味合いも兼ねて・・・。

 

<早生まれ>

1月1日〜4月1日生まれ

<遅生まれ>

4月2日〜12月31日生まれ

 

この区切りで、いわゆる『早いか』『遅いか』を分けをされているのです。

 

早生まれと遅生まれの意味

どうしてこの呼び名になるのか。そして意味合いは?

 

そもそも、学年で言うと「1月〜3月生まれ」は最後の方のお誕生日を迎えるお友達たちなので「早生まれでなくむしろ遅生まれでは?」と言う意見があり、またどうもこれは地域や年代によっても解釈が少し分かれるところのようです。

 

しかし実際のところは、「1年単位の学期制で考えると、新学期が4月から始まり、4月生まれはクラスの年長さん」となりますよね?

そのまま考えていくと、12月までがこの「1年単位」の中での年少さんとなるのです。

 

  • では1〜3月生まれさんは?

「1年単位」で考えるところの1~3月は、前年度の扱いとなります。

要するに、「その1年の中での1~3月生まれさんは1学年上の所属となる」のです。

なので平たく言えば、「早生まれ=その年の生まれの中では”一足早く”進学する」

言う事になり、そのままの呼び方をされている、となるわけです。

 

ちなみにどうして4月1日が早生まれのグループになって、遅生まれ先頭は4月2日に

なるか、ご存知でしたか?

 

実はこれ、年齢は誕生日の前日午後12時に加算されるから、という法律があるのです。

 

その法律に則ると、

『4月1日生まれは3月31日に既に1歳加算されており、4月2日生まれは4月1日に

1歳加算されているから』なのです。なんだか紛らわしい・・・。

 

実際、早生まれと遅生まれで違いって何かある?

「早生まれ」と「遅生まれ」にメリットデメリットがあるかどうかはやはり色々言われているところではありまた、長年研究されているところでもあるようです。

 

しかし実際のところ、早生まれだろうが遅生まれだろうが違いがあるのは生後間もなくの間だけ、小学校中学年くらいにもなれば、

それが「生まれ月」が理由の違いや差であったとしても、もう違いは埋められて差はなくなっている、と言われています。

むしろ、違いがあるのは性格差によるものが大きいですね。

 

Sponsored Links

 

早生まれ、遅生まれの違いで損得はある?

損得・・・と言えるのか定かではないですが、巷で言われている良いところ、悪いところを少し選んでみました。

 

早生まれの良いところ悪いところ

  • 良いところ

 

★母親目線で、遅生まれの子供たちよりも早く入園させられる(手が離れる)

★早生まれと言うことだけで、「早生まれだから仕方ないよね」と、許されることが多い

★遅生まれの友達よりも誕生日が遅く来るので「若くいられる」

 

  • 悪いところ

 

★早生まれと言う事で、能力に若干の遅れを疑われたり、心配されたりする

★飲酒などの時期がほかの友達たちよりも遅くやってくる

★運転免許証の取得が遅くなる

★旧暦や学年で祝うイベント(七五三、成人式)などは年齢とイベントの年が一致しない

 

 

遅生まれの良いところ悪いところ

  • 良いところ

★学年でも早い誕生月の子たちは特に、「自分は出来る!」と言うどこか優越感のようなものを感じたり、自信がもてたりする

★体の成長も早生まれの子供にくらべて一般的には早かったり大きい子が多い

 

  • 悪いところ

★早生まれよりも誕生日が早く来てしまう事で「がっかり感」を感じる(ある程度の年になると)

 

こう見てみるとそれぞれの良いところ、悪いところとはさほど多くはなく、また極端に神経質になるような内容はないようですね。ある意味よかった!

 

早生まれと遅生まれの性格の違いは・・・個性の違い!

 

先ほど少し触れましたが、小さい頃はやはりある程度の差があっても仕方がないとは思います。

 

さすがに新生児ちゃんと3か月児、6か月児、9か月児、約1歳での赤ちゃんたちを比較すると、同じ学年になるとしても、特に新生児ちゃんと6か月児、9か月児や約1歳では、大きく違いがありますよね?

 

しかし、幼稚園に入る前後の年辺りになると、いくら早生まれであっても体格がいい子、動きが機敏な子、よくお話する子、オムツの取れている子、などが、誕生月関係なく現れます。

 

なので、公な意味合いで過剰に何かを心配する必要はないと思います。

 

性格も違いも、「早生まれだから」「遅生まれだから」という線引きにより何かが違ってくると言うことは個性の違いにより発生しうることはあっても絶対的なものではありません。

 

むしろ、早生まれのお子さんの方が、小学校中学年くらいになると成績がみるみる上昇するという話も耳にしました。

んーでもこれは一概に「生まれ月は関係ない」とは言えないにしろ、あまり信ぴょう性も高い物ではありません。

 

さいごに

いかがでしたか?

小さなお子さんを持つママの立場だと、特に幼稚園や保育園入園時期には気になることでしょう。

やはり4月、5月生まれのおこさんたちの体格や受け答えなどを見ていると「あーしっかりしてる」と、嘆いてしまいそうな。

でも、そんな心配しないで大丈夫です!

実はうちの12月生まれの上の子(年中さん)は、お給食で出た魚を1月か2月生まれのお友達に一口大にカットしてもらっていたり、

お友達たちの遊びの輪に途中参加したいけど出来ない・・・とモジモジしている時に大抵気付いて手を差し伸べてくれるお友達は3月生まれ。

 

ね?幼稚園生でもこんなにしっかりしている早生まれさんたちもいるのです。

なので、気になる気持ちは十分分かりますが、気にするにしてもほんの短期間で吹っ切れると思いますので過剰にはご心配なく!

 

最後まで読んでいだだきありがとうございました。

Sponsored Links