「ピアスに挑戦したいけど、穴を開けるって痛そうだし化膿とかのトラブルも怖い」そんな不安を持っている方は多いと思います。私も、はじめはそうでした。正直怖かったです。。

今日は経験者の一人として、ピアスのホールについてのあれこれの説明をします。ピアスを開けようか悩んでいる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

開けるときに注意したいこと

まずはピアスを開けるにあたって注意したいことです。一番気をつけたいことは開けたあとのピアスホールを清潔に保つことです。

大切なことなので、もう一度言います。
「開けたあとのピアスホールは清潔に保ってくださいっ!」

 

なぜなら、ピアスを開けたあとにホールを消毒しないと化膿を起こす可能性があります。こうなるとせっかくあけたピアスホールはふさがってしまいますので、アフターケアを怠らないようにしましょう。

 

ピアスを開けるのに最適な時期とは?

a52e04b3da3279a609c5da30c56b06f7_m

先にお話したようにピアスを開けたときに一番気をつけなければいけないことが開けたピアスホールの化膿を防ぐことです。なのでピアスを開けるのに適しているのは化膿が起こりにくい時期ということになります。

せっかくピアスを開けたのに、病院通いになってしまうのは避けたいところです。ですので、最適な時期を選びたいですんよね。

 で、ピアスを開ける最適な時期は、

ズバリ!です。

なんとなく想像しやすいと思いますが、夏は梅雨もあり高温多湿なため化膿しやすくなります。反対に冬ですと乾燥していて傷口もドライに保ちやすいので冬が適していると言えます。

 

ピアスの穴を開ける部位ごとに最適な時期は違うの?

一言でピアスと言っても開ける場所は様々です。一番一般的なのは耳たぶですが、ヘソピ、鼻ピなど今では様々な箇所にピアスをあけてファッションを楽しむ人がいます。

 耳たぶ以外のピアスも基本的には夏よりは冬の方がオススメです。耳たぶはそこまで発汗しないのですが、その他のボディピアスは耳たぶに比べて汗をかきやすいため冬に開けるのがオススメです。

軟骨系の部位にピアスを開けようとしている方も、可能には注意してくださいね。

 

 

Sponsored Links

 

 

 

最適な時期以外で、ピアスを開けるのは病院のほうがいいの?

ピアスを開けるとすると自分で開ける方法と病院で開ける方法があります。聞くまでもなくオススメは病院で開けてもらうことです。病院で開けてもらうことで適切な位置に真っ直ぐにホールを開けてもらえます。

 病院で開けてもらうことによりアフターケアをしっかりと指導してもらえます。これによってトラブルになりにくくなります。

特に、汗をかきやすい時期にピアスを開けたい方は、病院で開けるのをオススメいたします。

 147325

病院でピアスを開けると、いくらくらいかかるの?

 ピアスの穴開けのお値段の相場ですが、ピアスを開けるのは自費診療になりますから病院によって値段が異なります。

数千円で開けられる病院もあれば1万円くらいするところもあるので事前に自分で調べておきましょう。

余談ですが、ピアスは耳たぶに対して垂直に開けなければいけません。素人が自分で開けようとするとどうしても曲がってしまいます。

そうなると表と裏の穴の位置がずれるのでピアスを入れるたびに苦労することになりますので、病院で開けるのをオススメします。

 

 

ピアスの穴あけ時期のまとめ

  • 絶対にピアスホールは清潔に保つ!
  • 最適な時期は、冬
  • 耳たぶ以外の場所も基本冬がオススメ
  • 病院での穴開けがオススメ
  • 病院の価格は、事前に調べる

 

いかがですか?ピアスのホールを開けること自体に痛みはほとんどありません。痛みに弱い筆者ですら「こんなもんか」という程度でした。

しかしアフターケアを怠ると想像以上に痛い目に合う上にせっかく開けたホールがふさがってしまいます。そうならないためにも適切な処置をしましょう。

開けて落ち着いてしまえば、あとは何にも心配いりませんので、最初だけはしっかりとしましょう!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。
そんな素敵なあなたへ、オススメの記事を下に準備しましたので読んでみてください。それでは。

Sponsored Links