寒い冬を抜けたら、そこはあたたかい日差しが心地よい春の到来ですね。お花見に行ったり外でのアクティビティも楽しくなる時期で今からわくわくしてきます。

ですがそんな春の到来と共に気になるのが花粉…!人によって花粉症になる花粉って実は違ってくるんです。ご存知でしたか?しかも、それらの花粉はすべて春に飛ぶというわけではなく他の季節にも飛んでいるのです。

 

私も最初に花粉症になったのは秋だったのでしばらく自分が花粉症とか気付きませんでした。「もっと早く気づいていれば、花粉症対策を始められたのに!」と後悔したので、今回はそんな花粉症について詳しく掘り下げていきます。

これであなたも今日から花粉症博士!…でも花粉症の人はこれを読んでるだけでなんだか鼻がムズムズし始めてしまうかも?笑

Sponsored Links

花粉症になる花粉の種類

花粉症と聞くとスギ花粉が一番有名かと思いますが実は花粉症になる花粉はそれ以外にもこんなにたくさんあります。

  • ヒノキ
  • 白樺
  • イネ
  • ブタクサ
  • ヨモギ

名前を聞いたら恐らくどんなものか想像出来る有名どころを並べてみました。これ以外にも花粉症を引き起こす花粉のある植物はあります。

季節ごとに飛ぶ花粉の種類でまた詳しく花粉の飛ぶ植物を記載していくので見ていきましょう。

季節ごとに飛散する花粉の種類

それではここからは季節ごとに飛散する種類別に分けていきます。地方によって多少花粉が飛び始める月が変わったり、関東にしか飛ばない花粉があったりもします。

花粉によって特徴も様々ですので詳細は天気予報やネットで最新情報を調べてみて下さい。今回は関東をベースに書いていきます。

春と秋の2つの季節しか飛ばないかと思いきや数は少ないものの、夏や冬にも花粉症の原因となる花粉が飛んでいるとは驚きでした。花粉症の症状が出るのはやはり春が一番ですが、二番目には秋、そして花粉症の人全体の中の2割近くの人はなんと1年中症状があるそうです。

春にピークの花粉 3~5月

  • スギ
  • ヒノキ
  • シラカバ
  • ネズ
  • コナラ
  • イチョウ
  • ケヤキ
  • ハンノキ

多くの人が悩まされるスギ花粉のピークは2月~5月。スギ以外にもこのような花粉もアレルギー反応を起こしてしまうのでスギ花粉のピークが終わってもまだ症状が出る方はスギ以外のこれらの花粉も影響している可能性が高いです。

夏にピークの花粉 6~8月

  • イネ
  • マツ
  • オリーブ
  • クヌギ
  • クマシデ
  • ハルガヤ
  • オオアワガエリ
  • カモガヤ

初夏はイネ科植物の花粉が飛ぶ季節です。名前を聞いただけだと想像しにくい物が多いですが一度調べた画像を見てみると「これ、あるある!」というものが多いです。雑草と紛れて、道端や河川敷に生えている物も多いので、夏に花粉症の症状が出る方はイネ科の植物に注意しましょう。

Sponsored Links

秋にピークの花粉 9~10月

  • ブタクサ
  • オオブタクサ
  • ヨモギ
  • カナムグラ
  • ギシギシ

秋の花粉症で一番悩まされるブタクサ。そんじょそこらに生えちゃっているからもう大変ですよね。ブタクサの花粉が飛ぶ前から花粉症対策をしておくと秋も過ごしやすくなります。

冬にピークの花粉 12月~2月

  • カバノキ
  • スギ

他の季節に比べて少ないですがそれでも飛んでいるのには驚きですよね。

春が一番スギ花粉が飛ぶ季節ですが実は12月くらいから飛び始めているのです。そして2月からピークにはいっていきます。スギ花粉で花粉症の症状が出る方は1月中旬くらいから花粉症の薬を飲むと効果が得られやすいですよ。

 

まとめ

花粉症=春というイメージの方が多いかと思いますが、実は花粉症の原因となる花粉は1年を通じて飛んでいるのです。自身がどの花粉にアレルギー反応をおこしてしまうかを把握することで、その花粉がピークに飛ぶ前から対策をすることが出来ます。

花粉症対策としては腸内環境を正常化させて免疫力を高めて花粉をはじめとするアレルギー物質に過剰に反応しない身体をつくること。

日頃から腸の調子をよくするように心掛けることで症状を軽減できたり、花粉症になるリスクを減らすことが出来るので意識していきましょう!

花粉症持ちの私はこの記事を書いているだけでなんだかムズムズしてきたので、腸内環境乱れてるのかも!?一緒に花粉症に負けない身体を目指していきましょう。

Sponsored Links