「タバコを止める」と言う決断・・・。男女の性別関係なく、タバコを吸わない人には分からないであろう実は大変な決断。大袈裟に聞こえるかもしれませんが、愛煙家には相当の覚悟の必要となる決断なのです。

 

女性にオススメの禁煙方法とは?

女性の場合は最終的に「妊娠、出産、授乳期間」と、一度は止めるべきタイミングもやってくる可能性があります。そう考えるとやはり、早い段階で決断がブレる前に実行に移すのが実は一番の近道ではないかと思います。

 

では実際にはどんな禁煙方法があるのでしょうか?

 

HOW TO 禁煙

-shared-img-thumb-N112_fightpoze_TP_V

さて実際にはどんな手段を使えばあの心に潜む「禁煙、禁煙、禁煙、禁煙・・・」の怨念のようなセリフとキレイサッパリお別れできるのでしょうか?女性に向けた禁煙方法ではありますが、もちろん男性がチャレンジしても全く問題ありません。

 

1日1本ずつ減らしていく

この方法、よく見かけます。

例えば1日10本吸っていたとします。であれば、翌日は9本、その翌日は8本、と進めていく方法ですが、このペースは無理がないようにしましょう。

 

例えば「2日、または3日で1本ずつ減らす」としてもいいと思います。もしかしたらその方が着実に進める、と言う方も多いかもしれません。ただし決めた以上はその「○日で1本減らす」事を守ること!

そうでないと、禁煙には踏み出せませんのでーー!

 

新たな趣味への投資

これもいい案だと思いますが、「新しい趣味を作ってそちらへ投資する」と言うことです。または「タバコの購入費を他の趣味へ回す」と言うもの。

 

元から何か趣味があれば・・・例えば旅行。それであれば、1か月分のタバコのお金を旅行の際の費用に回す、と言う事。禁煙して、旅行のグレードを上げるというのも、女性にはオススメの方法ではあるかと思います。

 

禁煙中は、コーヒーを飲む回数を減らす

コーヒーとタバコの相性は非常に良いとされています。という良いです。これは紛れもない事実です。コーヒーを飲むとタバコが美味しく感じる。つまり…。コーヒーを飲むのを控えたら、タバコを吸うチャンスも減るのでは?と言うもの。

 

コーヒーが飲みたくなれば、代わりに紅茶を飲むとか?女性がタバコを吸いながらコーヒーを飲むの、一昔前は「デキる女」のように見えた時期もあったかもしれません。でも「デキル→タバコ+コーヒー」とは何ら関係ありません。

 

禁煙日記

手元に残る決定的な証拠、「禁煙日誌」。正直、めんどくさいと思います。そして世間の声も「めんどくさい」が非常に多いです、本当のところ。

 

ただし上手く日記に残しながら成功したら、相当なものだと思います!書き方は自由でいいのです、形式なんてありません。意気込んで書くよりも、ありのままの本音や気持ちを書き留める程度でも十分です。

ただし続ける事!これが一番大切なことです。普段から日記をつけている女性の方なら、自然と取り入れられますよ。お試しあれ。

 

禁煙カウンセリングを受ける

自分だけの力では難しい・・・分かります。禁煙方法は分かっていても、禁煙時期だけはどうしても計れない、そして続ける自信もあまりないなど。そんな時にはプロのアドバイスを仰ぐのが一番の手ではないでしょうか?

 

Sponsored Links

 

新たな出会いで禁煙

例えば、今独身で恋人がいないなら、恋人や好きな人が出来る事によって、「禁煙しなきゃ!」な気持ちになる事も多いようですね。

「喫煙?しないわよー(笑)」って言える方が爽やかですもの!

 

禁煙はイメージトレーニング?

例えば今結婚してまもなくで、妊娠を将来的には考えている場合、胎児への喫煙の悪影響を考えたら・・・女性として、母になる立場として、禁煙を意識するのは当然かと思います。

 

-shared-img-thumb-YOU2_DSC_0938_TP_V

 

禁煙方法としては漠然としていて具体的なものはありませんが、精神論に訴える禁煙方法ではあるかと思います。実は私はこれで、あっさり止めることに成功しました(笑)

 

禁煙仲間と競争

女性の禁煙仲間と「どちらが早く止められるか」と言う競争もアリかと♪この方法の利点は「辛くても一人じゃない」ってこと。女性特有の「誰かと一緒だったら大丈夫!」な内面を刺激する方法です!

 

ただし、どちらかが「もうダメっ!(禁煙ギブアップ!)」な場合にもう片方が「え、あたしも!」などと、禁煙失敗に引き込まれる可能性を秘めているのがやや難点でもあります。

 

さいごに

いかがでしたか?女性に目を向けた形での禁煙方法をご紹介しましたが、「これ、ちょっとやってみようかな」って思えるものはみつかりましたか?

女性だから、男性だから、と禁煙方法に差はありません。

 

ただ、性別の違いによる特色はあるので、「男性だとこの方法は効果的かもしれないけど女性には・・・ねぇ」ってものはあるかと思います。

みなさんも是非、今年は禁煙を成功させる!と言うのを目標にしてみてはいかがでしょうか?

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Links