間もなくやってくる花粉シーズン。花粉症で辛そうにしてる方たちを見ては「大変そうだな~」と人ごとでしたが私も4年前に発症してしまい、それはつらいことつらいこと。

私の場合、くしゃみが止まらず、目がかゆくなることはもちろん、頭がボーっとするのと喉が痛くなります。人それぞれ症状があり、発症してしまうと本当に大変ですよね。簡単に花粉症を治せたら…とだれしもが思うこと。

 

そんな中ここ数年言われている、「花粉症にヨーグルトが効く」という噂。でも実際効果はあるのかなぁと不安な方も多いと思います。

今回はそんな花粉症にヨーグルトは効くのか徹底検証していきます。日本人の2人に1人は花粉を含め、何らかのアレルギーを持っているといわれているので、まだ発症していない人も油断は禁物です。花粉症になる前からヨーグルトを取り入れることで花粉症になるリスクも抑えられますよ!

 

花粉症にヨーグルトって実際効果あるの?

結論からお話しすると、個人差はあれど効果はあります。なぜ効果があるのかをこれから書いていきますね。読んで頂ければご理解いただけるかと思います。

花粉症のようなアレルギー改善のカギは腸内環境を整えるというところにあります。腸内には人間が持っている免疫細胞の約8割が腸内にあるんです。不規則な生活やストレス、便秘などで腸内環境が悪くなると免疫力も低下していきます。

 

ですので、腸内環境を整えることにより、身体全体に免疫力を高めることが出来、花粉に対しての過剰な反応を抑えることが出来るのです。

となると腸内環境を整えてくれる物で多くの方が最初に思い浮かべるのがヨーグルトかと思います。それで「ヨーグルトは花粉に効く」と言われる所以です。

 

花粉症に効果のある食べ方をしなきゃ意味がない!

yogurt-good-hay-fever01

 

『よし!じゃあヨーグルトをたくさん食べよう!』と闇雲に食べ始めても効果は上がりません。ここでは花粉症に効くヨーグルトの食べ方を紹介していきます。

いつ食べるのが効果あるの?

花粉症の症状が出始めてしまってからでは遅く、効果を実感しづらくなります。ですので、より効果を得るためには花粉症の症状が出始める4週間前くらいから食べ始めることをお勧めします。

また、乳酸菌を腸まで届かせるために食後に食べるのが効果的です。空腹時には胃酸が強くなっており、それによって乳酸菌が腸に届かなくなってしまいます。

 

どのくらい食べるのが効果あるの?

ヨーグルトの食べる量ですが、花粉症に効く量としては100~200gが良いと言われています。けっこうな量なので飽きてしまう人も多いかと思います。そんな時にはより腸内環境を向上させてくれるようなオールブランバナナなどを入れてアレンジして楽しむのがお勧めです。

Sponsored Links

 

花粉症に効果がある菌の種類とかはある?

ヨーグルトであればどれでも効果があるというわけではありません。乳酸菌にも花粉症に効果のあるものとそうでないものがあったり、多くのプレーンヨーグルトに入っている乳酸菌の多くは腸に届く前にほとんどが死んでしまいます。

賢く選ぶのがポイントです。以下の乳酸菌が入っているヨーグルトが花粉症対策にお勧めです。

■L-55乳酸菌

L-55生乳ヨーグルト

■LGG乳酸菌

おなかへGG!

■LG21乳酸菌

明治 LG21ヨーグルト

■ビフィズス菌LKM512

メイトーヨーグルト おなかで増えるLKM512

 

これらは花粉症はもちろんアトピーの症状も和らげる効果があるという結果もでているそう。

 

そして、一番オススメなのが

1073R-1乳酸菌が含まれている、明治ヨーグルト R-1。

yogurt-good-hay-fever02

こちらの乳酸菌は細胞を活性化させるので免疫力をも高めてくれる効果があり、花粉症だけでなくインフルエンザ予防にも効果的です。

これは私も友人も大絶賛でした!ただお値段がその分少しお高めなので、ネットで少し安くなっているものを見つけて、まとめ買いが良いかもしれません。

Sponsored Links

まとめ

花粉症の症状が出始める4週間以上前から食べる
・胃酸の弱い、食後に食べる
・1回の量は100グラム~200グラムがベスト
・腸まで菌が届くヨーグルトを選びましょう

 

ヨーグルトが花粉症に効くと言われるのは、ヨーグルトが腸内環境を整えることで免疫力を高めてアレルギー反応を抑えることが花粉症の症状緩和につながるということでした。

種類や時間をしっかり選んで摂ることで今年の春は少し楽に過ごせるかもしれませんね。腸内環境を改善し免疫力が高まることでそれ以外にも、身体全体のアンチエイジング効果や肌質改善など良いことばかり。

ぜひ花粉症のシーズンはもちろん、それ以外も摂り入れて花粉症をはじめとするアレルギーに負けない、元気な体つくりをしていきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Links